Piemo子離れ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「カラマーゾフの兄弟」 続編の構想

近頃フジのドラマで注目されている
ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」。

この大長編は実は未完で
ドストエフスキーは、おそらく
第2部を書くつもりだったのではないか?
と、訳者の亀山郁夫氏が興味深い説を打ち出しています。


新潮文庫の小説のあとがきに、
そのことを少し書いていましたが、
これをさらに掘り下げて、詳しく論じたものが

「『カラマーゾフの兄弟』の続編を想像する」
という本にまとめられています。


なぜそう思うのかという根拠を、
作品と当時のロシアの時代的背景と
ドストエフスキーの残した書簡や手紙、
近親者の証言から導き出して推理をしています。


ドストエフスキーはこの遺作を書き上げて、
まもなく死んでしまったため、
さらに展開させる腹積もりがあったのかどうかは不明です。

ですが、他作品では伏線に破綻のない作家であるのに、
この作品に関しては、回収されていない長いエピソードがあることや、

前書きで主人公と呼んでいるアリョーシャが
大した活躍をしていないこと。

長老が思わせぶりな予言をしたのに、
実現する未来が書かれていないこと。

時間軸がきっちりしているこの作品は、
当時のロシアで起こった事件とシンクロしており、
おそらくその13年後の大事件(皇帝暗殺事件)が
山場になるだろうという解釈など。



ドストエフスキーの遺作そのものが
壮大なミステリーになっていて読み応えがあります。

原作の小説よりもわかりやすく、
読むと「カラマーゾフの兄弟」という作品も
理解がしやすくなります。
原作に魅力を感じながらも、
少し手こずっているような方にはおすすめの一冊です。


そして、「ああ続編、面白そう。あったら読んでみたいな。」
と思っていたら、

なんと高野史緒さんという日本人の作家が
続編を書き上げてしまいました。

その名も「カラマーゾフの妹」

これがまた面白い。
次の機会にご紹介したいと思います。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。