Piemo子離れ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

オタク必読小説「ハケンアニメ」

3つの物語はどれも

「どうしてアニメ業界にはいったんですか?」
と、聞かれることがある。

で、始まります。

春クールの2本のアニメ作品と
3人のヒロインを軸に
アニメ業界の内側を描いた小説です。





ハケンとは、アニメ業界のハードなイメージから
派遣・を思わせますが、
正しくは 覇権

1つのシーズンで50本ほど作られるTVアニメの中で
人気と評価を他よりも多く得た作品を
覇権アニメと呼ぶそうです。


第1話は、王子と猛獣使い
アニメプロデューサー(30代女性)が、
天才肌の監督に振り回されるお話。
子どもと変わらない迷惑な王子様監督がキュートで、
まるで少女漫画のようで楽しく読めます。


第2話は 女王様と風見鶏
自分の作品をはじめて作る事になった若い女性監督、
事務的なプロデューサーとパートナ―を組み
アイドル声優やスタッフ、マスコミなどの人間関係に
心折れながら、現実を知っていく監督を応援したくなります。


第3話は軍隊アリと公務員
アニメの舞台になった地方都市に偶然住んでいたアニメーターが、
地域おこしのイベントを手伝うことになり、
自治体のアニメ音痴に嫌気がさしながらも、
現実世界で人との交わりを覚えていきます。
容姿やセンスに卑屈だった彼女ですが、
殻から出てくるラストはかわいらしいと思えます。


最後、登場人物すべてが聖地に結集するのは、
ちょっとおめでたいけれど、
アニメ愛の起こす奇跡という事にしておきましょう。


スポンサーサイト

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。