Piemo子離れ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ハイパー・アクティビティ・ボーイ

週に1度のお約束の個別指導の日、
その日はPieの他に一人、一年生の男の子が教室にいた。

「なんでここにいるのさー、何でぬいぐるみなんか持ってんだよ、誰、この人?」
・・・・と、遠慮ない。  

「今日も朝会で暴れちゃったんですよ」                と担当の先生が話す。
「朝会なんてきらいだ、音楽集会もだいっきらい」          と少年が言う。
「このお姉ちゃんも朝会嫌いだよ。みんなが一杯でイヤだよね」 と返すと
「ええーっ、お姉ちゃん、朝会きらいなの? ほんとお?」   なんかうれしそう。
  
p4-34001


 
「イヤでたまらない」
と言う気持ちを、先生にも同級生にも分かってもらえずに、いつも
「誰も僕の気持ち分からないんだよ~」
とわめいたり暴れたりしていたらしい。

「おねえちゃんに出来るところ見てもらったら」
と言う先生の口車に乗せられた彼は、
漢字のドリルを半ページやり、
更に同じ台詞に乗せられて、算数の問題を4問解いていた。


「こんなにたくさん勉強できたの、初めてですよ。
こんなにご機嫌でおとなしい(マジすか?)のも初めてです。
Pie ちゃんがいつもいてくれたらいいのに。」・・・と、先生。?

楽しい事しかしない少年に、先生はなんとか勉強させようと
色々努力なさっており、にしおか○みこの真似までしているそうな。
(先生、ご苦労すぎ、いや趣味なのか?)

確かにその子は大層な多動っぷりで、
学校のパソコン、その他の備品を、3つも壊したというツワモノ。

けど、Pieには
「いやな事だからやりたくないんだ」
ということがシンパシーとして伝わったらしい。
ぬいぐるみを使って 「うんうん、ヤダね」
みたいな動きで答えていた。



最初は 「なんで何も言わないの」 と言ってた少年も、
その動きがトークだと言うことを理解して
描いた絵を見せに来たり、ノートをのぞきに来たりした。

少年は個別級に移って間がなくて、
そこでも少し浮いた存在。
大人しくのんびりした子たちのなかで、
一人だけ口が達者で攻撃的で、周りとテンポがあっていない。

でも分かって欲しかったんだろうな。
分かってもらえれば、問題行動も少しは落ち着くんだろう。
多動な子どもは邪魔にされやすいから、
周りが思う以上に孤独な心を抱えているんだろうな。

Pieみたいな周りと相容れないおねえちゃんが、
理解者になれることもあるんだな。


帰りがけ、「また来てね」と
廊下までおいかけてきてくれた。
会話してないのに。


孤独な子どもに対しては、言葉をいくら尽くしても、
本物の共感 にはかなわないんですね。


にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ
Attention Deficit/Hiperactivity Disorder boyには共感を


a_04[1]ついでにポチッといただけると感謝です
 



 

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

本物の共感・・・・。あ~そうなのかー。
目からウロコがぽろぽろと落ちてます。
『なんでできないの?!なんでイヤなの????』ではなく、
まず、『そうかーできなかったんだねー』から始めてみたら
かなり違うのかもしれませんね。
Pieちゃん、えらいね、なんか、素敵だなー。
ひかないで、ちゃんと対応してくれた事が、どんなにその少年が
嬉しかった事か・・・。ゲロタとだぶってしまいます。

そして、その日はカイオーガのぬいぐるみを持っていったのね。
私は古代ポケモンの中では、カイオーガが一番好きです。

kerorin | URL | 2007/12/20 (Thu) 12:32 [編集]


そうです。カイオーガです。

「なんでイヤなの?」  は、難しい質問みたいです。
「なんでか分からない」 と、答えられるようになったのが最近ですから。
「○だからイヤなんだ」 と、分析できるようになるにはまだまだでしょう。
  
多動の子って正直だし、ユニークだから、落ち着いてると、結構可愛いんですよね。
「出来なかったんだね~」 で対応してあげると、
ゲロタくんも素直になれるかも。
良いクリスマスを迎えられると良いですね。

piemo | URL | 2007/12/20 (Thu) 17:00 [編集]


本物の共感

 う~~、確かに一番ずっしりと来るかもしれませんね。
カイオーガ、絵、うますぎっ・・・

 苦手なものとか得意なものとか共有できることで、その男の子とは
会話(?)が先入観なく(?)出来てるのはきっとpieちゃんにも
いい刺激になったでしょうね~。

チョッちゃん | URL | 2007/12/21 (Fri) 17:12 [編集]


そうなんです、いい刺激です。

Pieもその男の子がなついてくれたことで、
「自分でも役に立つのだ」と言う自信がわいてきた感じがします。
冬休み前、最後の3日間は(数時間だけど)学校に顔を出せたのです。
いい影響っていうのは、きっと双方向に向かうものなのでしょうね。




piemo | URL | 2007/12/21 (Fri) 17:44 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。