Piemo子離れ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

市内一斉掃除で勝負をかける

前回  ( 隙あらば捨てられる) と
前々回 ( ゴミ捨て場じゃないぞぉ) でも書いたけど、

自治会の小役員さんになってからというもの、
不法投棄のスポットに
小さなちょっかいを出しているワタクシ。

長いこと転がってた粗大ゴミを撤去してもらい、
となりのやぶから侵入してきた木の枝も刈り取ってもらった。

しかしまだ、雑草が生い茂っていて
も何故だか生えてる。
(誰の持ち主でもないから切っていいよと言われた。)

その中にゴミが埋まっている気配が、
掃除の行き届いてない汚いオーラ が漂ってくる。


ちょうど週末は市内一斉掃除の日。

各自治会の先導のもと、
全市民が朝の一時間、町内を掃除するというイベント。
小さい町ゆえか、
ちゃんと機能しているのがすごい。

今年はうちの地区は私が責任者なので、
いつもはさっと流してしまうそのゴミ捨て場に
旦那ほか、地域のお父さんたちを動員して、
草をむしり、
竹を切り倒し(許可もらってます)
堆積ゴミを掘り起こしました。


小さいエリアなのに、結構な仕事量で、
お手伝いしてくれてたうちのおねーちゃんは、

「ゴミを捨てるやつは死ねば良い。」 とか

どこかの総統みたいな暴言を吐いていました。

死ななくてもいいから
もう捨てないで欲しいなあ。

その不法投棄のメッカに漂う捨てやすいオーラは
少し減った感じですが、
さて今後、どうなることやら。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供あり主婦へせこいことにも厳罰主義の危険な娘
にほんブログ村
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。