Piemo子離れ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

コラボのすすめ

発達臨床心理学の辻井正次先生の本の中で見つけた記述。
「不登校の子供のだいたい3分の1くらいが,何らかの発達障害です。」

・・・、言い切った。びっくり。

というのは、発達障害の世界を意識するようになる前は、
「不登校」という問題しか見えてなかったからなのだ。

不登校相談や関連本、それらの対策の基本は、
いじめと、引きこもりの2本柱であり、
生まれつきの特質には、あんまり触れていなかった

発見が遅れたのはそのせいか?  
  って、他人のせいにするなー。

p4-25001




児童相談所に不登校で通っていた時も、
受診を勧められることはなかった。
今、週一回、不登校児のためのフリースペースに通っているが、
その現場では発達障害がある子にも、普通の子と同じ対応をとっている。

基本的に、対「傷ついた子供」なので、
障害の有る子にも、まずい対応ではないけれど。


たしかに、子どもが不登校になってショックを受けている親に
「お子さんは、発達障害があるんじゃないでしょうか」
とは 言いにくい。  
(しかも気づいてない親なら尚更に)


反発したり、不幸のズンドコ(どん底)に落ち込ていく人も。   
そうなるとやぶへび。支援そのものが破綻しかねない。

デリケートな問題だから、あえて突っ込まないようにしているのか?

けれどそこを無視していて、根本的な解決が出来るのか、少し疑問に思う。
   

         


1年前、アスペルガー症候群と診断された後、
不登校サイドから、発達障害サイドへと、フィールドが変わってしまった。

そうしたら発達障害を考える人々の間では 「不登校」は当然の扱い だった。

この温度差は何なのだ?


ハンディキャップが初めからわかっている親は、
いじめられないか、嫌われないか、あるいは加害者になりはしないか、
勉強や生活はついていけるか、 などと
子供と学校の関係には常々心を砕いている ので、
不登校を考えもしてなかったと言う人は少ないと思う。

それは、「卒業すれば終わる不登校」
「一生付き合っていかなくてはならない障害」
違いかもしれない。
この時期を乗り越えれば、壁がなくなるわけではない。
子どもの伸びる力だけに頼ってはいられない。
藪から蛇も、たまには出さなくてはならないのだ。 


不登校を語り考える関係者は、もっと他のジャンルと
コミットしたほうがいいのではないか?
発達障害だけでなく、ウツや摂食障害、オタク世界、スピリチュアル世界など
色んな理由で学校いけない子、いかない子がいるのだ。

今知ってどうこうしろと云う訳ではないが、いろんな世界にかかわれば
もっと支援も的確なものになるかもしれない。

発達障害サイドと、きちんとコラボレートしてくれるとうれしく思います。

      -------------------------------------------


と、ここまで読んでくれた方、ありがとうございます。

マンガと記事の内容が全く合ってない?
はい、すいません。。

記事に合うマンガと、マンガに会う記事が、共に作れなかったので、
ちょっとコラボしてみました。

寿司とちくわのコラボマンガも良かったらお読みください。
(こじつけするなー)

レシピ1




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ不登校サイドがんばれと言う方

a_04[1]こじつけOKよと言う方

クリックしてくれるとうれしいでーす。
 

 ← 「広汎性発達障害の子どもたち」
辻井正次先生が言い切っていたのはこの本



お寿司にはこれもベストマッチ

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

不登校の子の、3分の1と言うのはわからないけど、軽度発達障害の子が不登校になる割合はとっても高い気がします。
知的障害を伴うと、特別支援学級という居場所ができて、プライドもそれほど高くはいられないから行ってるんだろうな。

それより、ビンボー寿司おもしろすぎv-10
おいしそう~~~
piemoさんのレシピは気になるものばっかり(^O^)/
いなりずしも大好きですv-237でも作ったことない。
つくってみたくなってきたぞ♪

みー | URL | 2007/11/26 (Mon) 23:15 [編集]


みーさんコメントありがとうございます

うちの学校でも、特別支援学級の子はあんまり不登校してません。
一番最初に、そこはきちんとしつけるそうです。
それと居場所のあるなしはやっぱり大きいですね。

Pieは今、どこにも居場所がないから
いきたくないんだろうな、いう気がします。

いなり寿司のおあげは、生協さんの味ついてるやつを使っているので
めっちゃ簡単。(薄あげから作ると破れてしまう)
つめるだけなので、またぴょんちゃんのレパートリー増えるかも。

piemo | URL | 2007/11/27 (Tue) 05:25 [編集]


そうですね~

娘も、三時間目から登校がざらだったのに、特別支援学級へ行き始めてから、通学団登校は無理ですが、一時間目から行けるようになってきました!一時間目に生活単元という遊びながら人との関わり方を学ぶ授業が入っていて、楽しいみたいです。
Pieちゃんも学校に、安心できる居場所が早くできるといいですね!
私もその本、読みました。とてもわかりやすかったです。
というか、娘が入学して、どうも学校に適応できない。スクールカウンセリングを受けてください。と言われるがままに学校から紹介されたカウンセラーの先生がこのT先生だったのです!滅茶苦茶ラッキーでした☆今も週1でカウンセリングを受けています。家族以外とはほとんどしゃべらなかった娘も、T先生にはニコニコじゃれついています。一見コワそうなんですが(^^;)とっても優しい先生ですv-238

とまと | URL | 2007/11/27 (Tue) 13:48 [編集]


とまとさんへ

とまとさんのお嬢さん、学校が楽しくなって良かったですね。
Pieも一応、週1回は通学してますが、あとはほぼ引きこもりです。
T先生に毎週指導してもらってるなんていいですねえ。
名古屋に住んでらっしゃるんですか?
あそこは支援が進んでる地域みたいですね。
T先生は一見怖そうなんですか?
書かれたものを読むとホントに優しそうですよね。

piemo | URL | 2007/11/28 (Wed) 09:53 [編集]


こんにちはー!

初めまして、ランキングから来ました!
piemoさんの絵、絵本みたいで、すっごく素敵!子供達の様子もよ~く分かりますね~e-420ダジャレ王子君の回文やプチ作文も素晴らしい!難しいのによく思いつくなぁ!と感心!

それと、かん黙症って初めて聞いたんですが、私が小学生の頃、pieちゃんにそっくりな女の子のクラスメイトがいましたよ!いっさいお話しないけど話しかけると「うん」「うううん」の首を振って答えてくれました。私はしゃべれない子だと思ってたんだけど、家では普通にしゃべってると聞き、びっくり!その子の声が聞きたいねって何人かの子で無理矢理話かけたことがあって、その子は真っ赤になってうつむいちゃったの。かわいそうなことをしたなぁ。。。
先生も答えや音読などを指さなかったので、そのことは分かっていたのかぁ。
今思うと、クラスメイトに説明して欲しかったなぁと思いますよ。
でも、私が小学校低学年・・・かなり大昔の話なので、その頃は障害じゃなくて性格って
扱われてたかもね。
今の時代がpieちゃんにとって過ごしやすくなりますようにe-459
長々とすみませんでしたっe-330

ありょん | URL | 2007/11/28 (Wed) 20:45 [編集]


こんにちは。
実はわたし毎月一回辻井先生のペアレントトレーニングに行ってます。
「先生怖すぎ!」と思うことも(多々)ありますが、
それを乗り越え回数を重ねた受講生の皆さんとは不思議な連帯感のようなものができつつあります( ̄∇ ̄*)ゞ

あ、セミナーの内容は文句なしです。わかりやすいし、勉強になってます!!

障害を先に認識している我が家では
不登校を二次障害として捉えているので、
いかに防ぐかって感じですがpiemoさんの
コラボっていう着想はなるほど!って思いました。

大人風ちくわ寿司、いただきます!

たれみみ | URL | 2007/11/29 (Thu) 09:44 [編集]


こんばんは、きょうのブログにこの記事がトラックバックできるようにしてしまいました。
許可なく申し訳ありません。
よかったでしょうか?

mi-ママ | URL | 2007/11/29 (Thu) 23:30 [編集]


ありょんさん、いらっしゃいませ

ありょんさん、こんにちは。
ありょんさんの家族マンガも味がありますね。
(おもろい家族)
ありょんさんの子ども時代のお友達、きつかったでしょうね。
当時は不登校も今みたいに簡単に出来ないし。

でも21世紀の今も性格と思ってる人は割と多いですね。
先生でも、「話すことが結果を出すこと」みたいに思ってる人、
まだまだいますもんね。
先生に勉強してもらうことが、こんな私ら親子でもできることかな?

piemo | URL | 2007/11/30 (Fri) 09:27 [編集]


たれみみさん、ありがとう

リアル辻井先生ってやっぱこわいんですか。
でもそんなセミナー近くにあると良いですね。
大人風ちくわ寿司、作ってもらえてうれしいです。

piemo | URL | 2007/11/30 (Fri) 09:38 [編集]


mi-ママさんへ

どうぞ、使って下さい。
こんなえらそうな記事を書いた後って、
なんとなくはずかしくなるんですけど、
そんなにして下さる方がいると
うれしくなります。(^^)

piemo | URL | 2007/11/30 (Fri) 09:40 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。