Piemo子離れ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

受験費用で借金重ねる

前回の 入学資金を工面する  (よかったら参照)  の続きです。


教育ローンをお借りすることになった
日本政策金融公庫は、政府運営なので、
銀行(3.75~5% )よりも 金利が安く(2.45%)
最初にドーンと大金を貸してくれます。


初年度はそれでまかない、
徐々に財政を立て直していこうという
ほっと一息プラン。

(゜´Д`゜)n


働き始めてから5年で返すコースにすれば、
返済に関する総支払額は
普通の奨学金(3% 10年~)より安くなるのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



高3になったばかりの時、
自力進学という冊子を学校からもらったのですが、
自力進学
318ページある其の冊子のうち、
たった1ページだけをつかって紹介されていたのが
この 国の教育ローン  というシステム

うっかり見落としそうなほど扱いは地味で、
日本学生支援機構などと比べると
全く力が入っていません。

しかも、そこに載っていたホームページにアクセスしたら、
そこからは申し込みも質問もできず、
「XXXに電話してください。」という商売っけのなさ。


でもよく読んで見ると、
「これが一番返済額が少なくて済むのではないか?」
という気がしまして、
アプローチを開始しました。


( 無利子の奨学金もあるけど、
  それは、年収少なくて学力高い子専用なので、門前払い。 )


バックが国なので、
阿漕でヤクザな取立てもないだろうという安心感もあります。



電話したら、応対は親切で、
資料を送っていただけることになりました。


資料に書いてある必要書類を揃えるのは
ちょっとばかり面倒でしたが、なんとか用意をすませ、
最寄りの支店に出向いて、提出してきました。



2週間ほどして、審査を通過したという連絡をいただき、
あとは大学の合格通知を持っていけば、
3日後にお金を振り込んでもらえることになりました。


結局借金は増えたけど、
払えるものを払いきったら
ひとまずは、ほっとしたわよ~。



入学金を工面したい方には、
銀行に借りようと思っている方、
驚異クローン(ケータイ馬鹿変化)、
ちょっと調べてみたらいかがでしょうか?
 国の教育ローンHP  


にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供あり主婦へ
 風邪ひかなくてよかった 
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。