Piemo子離れ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

個人授業、プロのお仕事

先生が毎週1回、個人授業をしてくださるようになった。
個別支援クラスの教室を借りて行う。
静かで、椅子の間がゆったりと広くて、いい環境だ。
たまにそのクラスの子が教室にいる時もあるが、
厳しい目を向ける子はいない。

p4-23001


親が教えてやれることは色々あっても、
緊張感を作り出すことはむずかしい。
だから算数のプリントをしながら、チョコレートを食べたり牛乳を飲んだりする、だらしない学習法を許してしまう。

「こういう癖付けたくないなあ、でもやらないしなあ。」
 常々イヤだなと思っていた。
しかし先生となら、あら、挨拶も勉強もそれなりに・・。


最初、先生は慣れるために
手芸や工作ばかりをやっていた。

1回目は行くことを渋ったが、
2回目からは喜んで行くようになった。

まず着席をしてから、「おはようございます」と始める。
終わった時にも「ありがとうございました」とあいさつをさせる。
始めはぬいぐるみにお辞儀させていただけだったし、
ふてくされていたりしたこともあったが、
怒らずに毎回さりげなく繰り返してくれたお陰で、
きちんといすに座って、お辞儀ができるようになってきた
なんと自分の身体も折り曲げている。
ぬいぐるみも一緒に動きますが・

そのうち、この漢字を1枚やったら手芸をしましょう
というプログラムになった。

机に座って集中してプリントをやれる時間が、最初は5分くらいだったのが、
10分が平気になり、20分、30分と持ちこたえるようになり、
40分間勉強を続けられるようになった。
(家では無理っす)
こなせる量も増えてきた。快挙

1週間に1回きちんとした時間を持つだけで、学力にも変化が現れてくる。
ミミズのような漢字が読めるものに進化
答案もみんなひらがなで殴り書きをしていたのが、漢字を使うようになった。
週一で勉強する漢字はほんの10個も無いのに
書ける漢字が一挙に増えたのだ。

書字障害というLDかもなあ、と主治医に言われていたのに。
それぞれの漢字の後ろにある風景が見えてきたのだろう。
画数が多すぎて憶え切れなかったそれらが、
パズル
としてつながってきたのだ。
今までばらばらだったへん、つくり、冠などに血肉が通ってきた様に思えた。


そして私としては、こちらの方がもっと感動だったのだが、
先生に筆談でヤダーとかブーとかヤッターとか伝えるようになった。
(あほか、幼稚園児か、とも思うがまあ進化ですから・・・)

たった数ヶ月で原始人が文明人になったような感じ。

先生、まるでアニー・サリバン。
これがプロのお仕事なのね。


 *******おまけまんが********ko2001


にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ いつも応援ありがとうございます
a_04[1]クリックしていただけるとうれしいです
 


まさかさかさま回文集 うなるような回文一杯
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

pieちゃん、良い先生に巡り合えたのですねv-353
アニーサリバンって言いたくなる気持ち、よく分かります。こんなに子供に良い影響をあたえるのだから、そんな先生がもっと大勢いるといいのですが・・。

美欧父 | URL | 2007/11/11 (Sun) 07:27 [編集]


こんにちは!
やっぱり、プロのお仕事ですね。
「全ての子供達は、平等に教育を受けられる。」という、国の建て前とはうらはらに
見過ごされている子供達ってきっと多いのでしょうね。
まずは、親が動いて、担任の先生が動いて、と最終的に国全体が動けば、
救われる子供達も多くなるはずですよねー。

素晴らしい成長をしている、pieちゃん、良かったです。
また次ぎの記事を楽しみにしてます。

弟くん、回文するとき、逆立ちまでしてるんですか?だとしたら、
すごいかわいいんですけど!!

kerorin | URL | 2007/11/11 (Sun) 08:00 [編集]


ラッキーでした(^ ^)

美欧父さん、♨先生は2007年個別支援法施行以来、
個別支援コーディネーターという役職になっています。
適職だと思うのですが、個人的に見ていただいてるのはうちの子1人。
他の子は、保護者が個別扱いを望んでいないので手が出せないとか。
もったいないですよね。
親が認めることがまず最初の1歩のようです。

piemo | URL | 2007/11/11 (Sun) 12:48 [編集]


逆立ちしません

kerorinさん、私も4年間見過ごしてました。
親が認めないと学校は動きようが無いんですね。
親がお願いしたい事が増えると、その分だけ学校側も学ぶ事がふえていくのかな。
私の体験なんかが役に立ったと言ってくれる人もいるんで、kerorinさんもバンバンマンガ描いてくださいね。
回文中の逆立ち?そんなマンガみたいなことはしません。

piemo | URL | 2007/11/11 (Sun) 13:12 [編集]


pieちゃん、よかったです。
理解ある先生と巡り会えるかどうかって、大きなカギになりますね。

>たった数ヶ月で原始人が文明人になったような感じ。

学習面でも精神面でも、ホントに変わってきますね(^ー^)
その先生、プロです!!
りょぉちんも小4の時の担任の先生が、ありのままのりょぉちんを認めてくれたことが登校のきっかけになり、今のりょぉちんがあります。
この先、もし順調に進まないことがあったとしても、(脅しちゃってゴメンナサイ)
この先生との出会いは必ず 後の力になりますよ~。
ホントによかった。
私まで嬉しくなりました!!

ともりん | URL | 2007/11/12 (Mon) 10:22 [編集]


ともりんさん、ありがとう

ともりんさん、りょぉちんもいい先生に導いてもらったことがあるんですね。
来年もその先生に見てもらえるかどうか
不安もあるのですが(結構長いから転任ありうる)、
今年の成長だけでも大きな財産ですよね。
前向きに行くことにします。

piemo | URL | 2007/11/12 (Mon) 16:50 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。