Piemo子離れ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

学内通級希望

1年前、診断を受けたことを児童相談所に告げると、
自閉症の療育は、やっていません。
養護相談センターに行ってください。
ということだった。そっか、管轄違うんだ。
それで箱庭ともサヨナラになった。


養護相談に問い合わせると、行われている療育は2つの通級指導らしい。
教室で順番を守れなかったり、嫌がることをしてしまう子に
ルールを教える「行動」
正しく言葉を使えない子に、言葉の訓練をする「言語」

Pieは多動というより不動、教室で邪魔になることはない。
場面かん黙症だけど、言語理解に不自由はない。
更に自分の学校にも行けないほどの緊張症なのに、
電車に乗ってよその小学校にいけるのか?

この通級ってなんかニーズにあってない。
でも今のままじゃあ状況変わらないよなあ。

が、その時学校で
「Pieちゃん、週1回なら見てあげましょうか」
と、言って下さる先生が現れた。

p4-22001


   ♨先生

個別支援クラスで担任だった実績があり、
自閉症児を教室から取り出しての指導もやっていた。

学内の通級とおんなじだ。
しかも完全個別対応。

毎週1回だけでも決まった時間に登校する。
Pieに欠けている生活習慣を身に付けられる。
友達も会いに来てくれるし、
学校から足が遠のくのも避けられる・・かも。

救世主!!

しかし校長がいまいち乗り気でないと言う。
前例がないとかかんとか。

2007年から個別支援法が実施されるので、
校長にはそれなりのビジョンがあったのかもしれず、
唐突な申し出にとまどったのかもしれない。

「でもこのチャンスを逃したら,
またよどんだ毎日の繰り返しじゃー。」

手紙を書いて校長に直談判しましたです。

・・・・・・・・・・・・・・・
 場所見知りと人見知りが激しいので、
 よその学校で知らない先生から指導をうけるのは、抵抗が多いこと。
 週に1回決まった時間の登校は、学校への抵抗を減らせるので不登校の解消にもなること。
 ♨先生は事情をよくわかっているので、本人も安心なこと。
・・・・・・・・・・・
などなどの点をアピールしました。

で、校長も認めてくれて、週1回の学内通級が実現した。


Pie本人は最初、難色を示していたけれど
今は週1回の学内通級を続けている。

登校すれば友達に会うために,
自分のクラスにも顔を出すようにしている。
どさくさにまぎれて授業を受けてくることも。
(嫌がってるけど)

でも不登校の解消にはあんまりなってないかな?
終わったら早退してるしな。

すいません校長、
そこはあんまり期待しないで下さい。

にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ とりあえずいい方向という事で

a_04[1]応援クリックお願いします。

 


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは!kerorinです。
すごい!!やりましたね!
大きな一歩前進だと思います!!

色んな前例を先輩お母さんが構築されれば、
後々助かる子供達も増えますよね!

ママに拍手です。

kerorin | URL | 2007/11/08 (Thu) 07:51 [編集]


ケロリンさんへ

ケロリンさん。ありがとうございます。
実は私自身がよその学校に行くのが面倒だった。
というのも有ったりして。
障害が絡んでくると、学校も無碍には扱えないので、
多少ずうずうしくても聞いてくれることが多いような・・・。
でも長い目で見ると、学校にとってのメリットもきっとあると思います。

piemo | URL | 2007/11/08 (Thu) 13:19 [編集]


ばんさ~い!!
かあちゃん、髪の毛逆立ててがんばったかいがあったですね。
 うれしい、とてもうれしい!!

 一歩ぜんし~~ん

チョッちゃん | URL | 2007/11/08 (Thu) 21:30 [編集]


こんばんわ

v-238お手紙!
気持ちを伝えるのにとってもいい方法ですね(^◇^)

友達が娘さんと息子さんの事を、何度話しても校長にわかってもらえなくて、悩んでおられます。
姉弟でアスペルガーと反抗挑戦性障害、2人とも知的には高いし、大きな問題を起こさないのでなかなかわかってもらえない様です。

お手紙なら、姉弟ごっちゃにされることなくそれぞれに何が必要なのかわかってもらえる気がします。

早速校長と、教育委員会に手紙を書くと言ってました。

piemoさんありがとう

みー | URL | 2007/11/08 (Thu) 21:38 [編集]


前例がないことでも、ねばれば叶うかも!
という前例を見せていただいて、なんか心強いです!
確かによその学校へ通うのは、遠い学校にしか通級がない場合は、移動時間だけ考えても本人も親も大変ですよね。

じぶ | URL | 2007/11/08 (Thu) 23:05 [編集]


ありがとうございます(^^)V

チョッちゃん様、喜んでいただけてうれしいです。
基本的には「ま、いいか」とヘタレがちな私ですが、
今回は少しがんばってみました。
担任の先生や♨先生の後押しがあってこそ出来たと思っております。

piemo | URL | 2007/11/09 (Fri) 14:54 [編集]


どういたしまして

みーさんのお友達もわかってもらえるといいですね。
私は口頭説明があまり得意ではないので
(何をしゃべっているかを忘れてしまう、メモリ足らん現象)
メモは使いまくりです。
はっ、結果としてそれが自閉療育に・・
母の記憶領域狭くて、娘ラッキー?

piemo | URL | 2007/11/09 (Fri) 15:09 [編集]


じぶさんへ

じぶさん、ご訪問ありがとうございます。
実はたいして粘ってないんですけどね。
診断がおりていたので割とすんなり受け入れてもらえました。
ただの不登校だったら聞き入れてもらえなかったかも・・。
でもそれだけで、肩身の狭い思いが減り過ごしやすくなりました。
なんでも言ってみるモンですね。言うだけならタダ。

piemo | URL | 2007/11/09 (Fri) 15:18 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。