Piemo子離れ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

杜王町へ行ってきました

杜王町とは、
「ジョジョの奇妙な冒険」第4部第8部
舞台になっている架空の町です。


作者の荒木飛呂彦先生の出身地である仙台市がモデルになっていて、
登場人物の名前や住所に、実在の地名や人物名が隠れていたりします。

広瀬川、定禅寺通り、勾当台公園、榴ヶ岡、花京院、国見などの、
現実の市街地を散策するのもジョジョ旅行の楽しみの一つ。



8月14日まで、仙台市で、震災復興フェアの一環として
ジョジョ展が開催されているので、
それを見るために、週末仙台に家族旅行をしてきました。

jojo展




地元の人々も、まち全体でこのフェアを楽しんでいるようで、
仙台市の一部は、漫画の杜王町になりきっているところもありました。


作中に登場するオーソンというコンビニがありますが、
(そのまんまローソンです)
期間中、大通り沿いのローソンが、
実際に、オーソンと看板がすげ替えてありました。

オーソン


スタンド型の看板もなりきり。
グッズもいっぱい売ってました。(でも高いわっ!)


オーソン2



作中にも登場する「むかで屋」という店で買い物をすると、
吉良吉影(きらよしかげ)という殺人鬼が書いてもらったのと同じ領収書を
作ってもらえると聞いたので、旦那様はむかで屋を探して買い物をしました。

百足屋レシート


*注)
  うちのひとはキラではありません。
  ボタンをつけてもらったわけではなく、買ったのは小物。


では、ジョジョ展の様子はまた次に。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供あり主婦へ
 
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ジョジョですか!ジョジョは読んだことないですが、絵のインパクトは凄いですよね。

私はやはり被災地出身の漫画家「大友克弘」の原画展に行ったんですが
原画っていいですよね〜。しかも入場料が復興支援になるのなら、気持ち的には一石二鳥。
家族で見に行けるのはいいことですよね〜。

ありょん | URL | 2012/08/14 (Tue) 12:58 [編集]


ジョジョの色彩、インパクトありました。

大友さんの原画も迫力ありそうですよね。(AKIRAの人ですね)
本当に画力のある人の原画なら、普通の絵画に引けを取らないし、入って行きやすい所もポイント高いです。
特に今回は街全体が美術館のようで、会場を出てからも余韻が続いていました。
東京の美術館は出たとたん現実に戻る街が多いのがイマイチ(上野とか六本木とか)。

piemo | URL | 2012/08/16 (Thu) 09:26 [編集]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。