Piemo子離れ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

くすぶるカルト

本棚に「えっ?」と思うような本がおいてあった。

オウ○真理教が台頭する10年ほど前に、
高額なハンコや壺の押し売り、芸能人も交えた集団結婚式で、
一躍話題になっていた宗教団体、 「統○教会」の教祖の自伝。


夫が買うわけはないし、アネがどっかで借りたのかと思って尋ねると、
「何これ、知らねーよ。」 
関係ないようだ。

すると、Pieが ぼそっと

  「駅で配ってた・・・・。」  

電車で下校できるようになったのはいいけど、
変なのに会っちゃったのだね。



それにしても かのカルト教団、
まだ活動を続けていたのか。




この教団が洗脳で世間をにぎわしていた80年代、
夫の知人に信者がいた。

収入のほとんどをお布施として搾取されていて貧乏な生活を送っていた。
手取りは悪くなかったのに、背広も靴もくたびれていて、
奢るといったらついてきた。

ご両親も脱会させようと手を尽くしていたが、
ある日教団の手ほどきで行方をくらましてしまった。

 ・・・・・・・・・・・・・・・

その後オウムのやらかしたことが、
教科書に歴史として残るほどの大事件だったために、
もうひとつのカルト教団は影を潜め、忘れられ、
うちの子供たちも名前すら知らなかった。


そんな廃れたと思っていたカルト教団に
いまだに身を寄せている人たちがいるのだろうか。
信者たちも高齢化して、他には行く当てもないのだろうか?

あるいは 世の中に疲れた人や、
洗脳されたい人がむしろ増えている今、
巻き返しを図って組織を再興させようとしているのか?


 ・・・・・・・・・・・・・・・・

どちらにせよ、洗脳カルト教団に子供をとられるほど無念なことはないだろう。

教団が暗躍していることに気づけたので、
子供たちにその存在を教えることが出来たのはよかったかもしれない。



胡散臭い自伝はごみばこに捨てて、
子供らには係わり合いにならないように言うと、

「こんなんにかかわるほど 阿呆じゃないよ。」
そこの所は3人とも同じ意見でした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供あり主婦へ  にほんブログ村
  不登校・ひきこもり ではなくなったので、こちらに場所替えしました。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。