Piemo子離れ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

宿題のハードル高さに心折れ(国語編)

ついに高校の授業が 始まりました。

週一通学の生徒は、レポートを仕上げて,
スクーリングの日に提出するのが課題です。

早速もらってきたレポートは、作文の宿題でした。

これからの高校生活の抱負みたいなことを、原稿用紙1枚に書くのですが、
学習能力の低い子でも何とかできるようにと、工夫が凝らされています。

まずは、質問シートが別にあり、書く内容をまとめられるようになっています。
悲しい時、うれしい時、悔しい時など、
それぞれの気持ち別に分けて枠を設けてあり、
親しめるようにイラストまでついています。
それを書き込めれば作文のネタになるという算段みたいです。

しかし・・・・・

Pieにとって作文は一番の鬼門。
言葉をつむぐことに関しては学習障害なので、ほぼお手上げ。

   過去記事 (  言葉にできない ) と
          (  言葉をつむぐレッスン )参照


まずうれしい時、悲しい時はどんな時?
コレを導き出すのに、30分ほどかかります。

いきなり書くのは無理だとわかっているので、
まずは思いついた単語を書くようにと雑記用の紙を渡しても、
その上に、ぐるぐると無意味な線を書きなぐり、
それを濃くきつく塗りつぶし、
しまいには紙に穴をあけまくっています。


たった一言搾り出すだけなのに、
同じところをぐるぐる回るだけで
先に進む事ができなくなっています。

5分ほどその状態が続き、
いつものように見るに見かねた私が助け船を出しました。



「こういう状況はどう? 悲しい?」
       
    首を横に振る。
 
「じゃ、こんな時は・・?」 

    首を横に振る。

そんな感じで、私の思いつく色んなケースを想定して、
首を横に振る以外の反応が出るまで、
ひとつひとつ確かめていくのです。

ああ、気が遠のく


「ん?」みたいな反応が出てきたら、
その単語を手元の紙に書き付けさせ、
キーワードにしていくつもりだったのですが、
紙を前にしてその鉛筆が動かない。

全然難しい言葉じゃない。 
「マンガ」とか・・「考え」とか・・「作る」とか・・。



小学生の自己紹介カードみたいなシートを、
1日もかけてうなりながら埋めました。

作文は次の日に持ち越し。

2日間かけて原稿用紙をなんとか半分まで埋めたのですが、

「考えってどうしたら出てくるわけ?」と
なみだ目でつぶやいています。



でもその疑問も、考えだと思っていいのかもしれないです。

そういうことが言葉になって出てきたのは、
考える事をはじめたからかもしれないな。

だからそれを、手始めは
紙に書き付ける事からはじめて欲しいですね。


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
 ここから勉強が

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
始まっていくのだね
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。