Piemo子離れ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ワンピース展に行ってきました

週末に家族5人で、
六本木ヒルズで開催中のワンピース展にお出かけしました。


 これは入り口でもらった ビブルカード
 誰のが入っているかは 開けるまでわかりません。
ビブルカード

でもみんな種類が違っててラッキー。
かぶるとちょっとガッカリするもんね。


日時予約のチケットなので、
簡単に入れるものと高をくくっていたら、
まあ人の多かったこと。

    (@皿@) ゲッ・・・

入り口には な が ~ い 行列ができていて、
さながらTDLの人気アトラクションです。


入ってすぐの壁には、
あの多彩な登場人物たち(大物から雑魚まで)の
懸賞金のわかる手配書が張り巡らされていました。

それを子供らと見ているだけで盛り上がりまくります。

そこからワンピースワールドに取り込まれてしまう来場者たち。



そのほかにも、会場のあちこちに設置された等身大フィギュア。
(エースの牢獄での無残な姿が痛々しかった~。) (>o<。)。。

巨大な絵であらわされた巨大キャラの迫力。
(赤・青・黄色の3人の大将、カッコイイでもコワイ。)


スクリーンで追いかける冒険とか、
スリラーパークのホラーなセットとか、
 (   ・・ ホロホロ ・・ )
尾田先生の仕事部屋の再現とか、

全く退屈しない、しかけが満載です。



でも一番気に入ったのはカラーの原画展でした。


特に、ジャンプの背表紙として使われていた、
つながると一枚の絵になるという絵が
横にながーく繋がって
美しくてハッピーな絵として再現されていました。

見ているだけで楽しいです。
しかも2作品も。




単行本の表紙の原画が全部展示されていましたが、

全巻持ってるし、知ってるよ。だから軽く飛ばして・・・・
位の気持ちでいたところ、

これがまた侮れないオモシロさでした。

単行本には当たり前についている、
ロゴ、巻数、作者名などの文字情報がなくなり、
表紙全体の色もついていない状態なので、
全く雰囲気が違います。


表紙の隅っこにいたキャラとか、
ここで初めて気がついたりしました。

(46巻のケルベロスとか、49巻でロビンがアホな合体に背を向けているとか・・)
濃い情報を持っているほうが、
かえってもりあがるものなのですね。

わーたのしい。


魚人島ブースでは、
どんな絵本でも表現し切れなかったくらい
幻想的で美しい風景が壁一杯に広がっています。

竜宮城の 絵にも描けない美しさ を絵にしてしまった偉大な絵師
尾田先生、改めてすごいです。



ワンピースと同じ時代に生きてる上に、
一緒に楽しめる家族がいて幸せだなあ。




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ

我家いまだに盛り上がっています。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お役に立てたら嬉しいです。

ブログを拝見しました。悩みや不安を抱えては居ませんか?私は手の平の画像からの手相占いをしております。
人生には悩みは付きものですが、お子さんのことを第一に考えましょう。ご自分の手の平には悩みの原因や解決方法が書かれています。もしご自分で解決が出来ないときは、是非ご相談ください。一緒に考えましょう。私のブログには、手相の歴史から他にも参考になることを書いてますので、是非御覧下さい。お待ちしてます。

画像手相占い 太郎 | URL | 2012/04/18 (Wed) 11:27 [編集]


太郎様へ

コメントありがとうございます。
手相のブログ、面白く拝見しました。
今の私は子供の事で特に悩んではいないのですが、
(悩ましいのはむしろ金運か)
何か悩みが生まれる事などあれば、参考にさせていただきたいと思います。

piemo | URL | 2012/04/18 (Wed) 17:04 [編集]


ビブルカード

うふふ。
やっぱり記事にされていましたね!

私のビブルカードはゾロ、ゲロタのはウソップ、ケロカのはナミ
気が利いているお土産に、ちょっと感動しましたね=。

私も原画、もっともっとゆっくり穴があくほど見たかったのですが、
同じように考えている大人が、なかなか動かないわ、子どもらも気にしなといけないわで、割とサッさと観てしまいました。残念!

エースの等身大だけ、もう一回見に行っていいか、子どもらにお許しを
得てから、見に行きましたよー。オホホホ。

子ども達と共感できる唯一のもの・・・・。

尾田っち、頑張ってほしいですよね~!

kerorin | URL | 2012/04/20 (Fri) 09:22 [編集]


おお、同志。

どれだけメジャーになっても、キャラクターが俗なものに商品化されても、
中身をよく理解しない子供たちの玩具にされまくっても、全く質が落ちないワンピース。
人が何を言おうが本物ですね。

でもあまり周りで共感してくれる大人がいないので、
子供たちが共有してくれてて良かった。

展覧会ではエースが目玉な感じはありましたが、なぜか私の好きなのはMrボン・クレー。
生死が不明だけど生きてて欲しいなあ。

piemo | URL | 2012/04/20 (Fri) 12:50 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。