Piemo子離れ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

最終決定のいきさつ

  新設校を親子訪問 の続きです。 →)


「E高校はうちに合いそうだ。」

という印象がありましたが、
比べてどうなのかをきちんと確認するために
夏休み、H学園のオープンスクールにも再度でかけました。


校舎は結構広々としてきれいだし、
待合室ではお茶やお菓子も出してくれて一見いい感じです。

でもやっぱりPie は緊張していました。

いくつか体験コーナーがありましたが、
行きたい所が見つからず、
消去法でパズルとダーツの部屋を選びました。


図形パズルは緊張しながらもなんとかとやっていましたが、
ダーツの時間になると、また動かなくなってしまいました。

他の子は一人残らず盛り上がって、
的に向けて矢を投げて大騒ぎしているのに、
一人だけフリーズして立ち上がれなくなっています。

あまりにも雰囲気が暗いので、
スタッフは話しかけようともしません。




いい学校だとは思うのですが、
相性が悪いのか、
いつ行っても極度の緊張状態に入ってしまうのです。


家に帰って本人に

「H学園とE高校、どっちが合うか考えた?」

と聞いてみると「良くわからん」という返事です。
単なる思考停止か?


しかし数日後、
学校の先生に、H学園から連絡がありまして、

「うちの学校でやっていくのは厳しいと思います。」
三行半を突きつけられました。


A(@o@;) ・・・想定の範囲内ではあったけれど・・・・。



「H学園、倍率高いから多分落とされるみたい。

 E高校の方にきめてもいいかなあ?」

「うん、いいよ。」( すんなりあっさり )



そしてE高校に連絡をして入学の意思を伝え、
その後はいくつかの手続きを経て
無事に入学の内定をいただいたのでした。
(めでたしめでたし)


そのあと、中学校に行った時、先生が、

「あれ、なんだか姿勢がよくなりましたね。
下じゃなくて前向いてる。」

とおっしゃいました。

行き先が決まったことで、
精神的に落ち着いたみたいです。


その後一緒に何度かE高校を訪ねましたが、
工事現場もだんだんと校舎の形になり、
学園生活のイメージも
いいものが垣間見えるようになっています。






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。