Piemo子離れ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2度目のオープンスクール

ちょっと前に書いた ( オープンスクール体験の日 ) の続きです。

さらにもう一校体験入学に出かけました。

関東全域にいくつか姉妹校があるH学園は、
不登校だったり中退をしたりした生徒の受け入れに熱心で、
学校に行けなくて悩んでいるお母さんたちの間でも、
ケアが良いと評判です。




その日の体験はオリジナルTシャツを作ろうというもの。
絵を描いて、それをコピーして
シルクスクリーンで印刷するのです。


ふむふむ、面白そうではないですか。

が、しかし・・・・


緊張が過ぎたのか、
描きたいものが全く出てこなかったようで、
何と完全に手が止まってしまいました。


絵は好きだからと安心していましたが、
紙とペンを前にして、
うつむいて時をやり過ごしています。


周りの体験生徒たちは
楽しそうに作品を仕上げ、
在校生や先生と笑い合う声も聞かれます。

が、Pieにおいては
楽しそうな様子は皆無で、
苦行に耐える負のオーラが放出されていて、
   (-X-”)~~どよ~ん
若いボランティアや先生らしき人が、
どうやって取り扱ったものかと戸惑っています。



誰も助けてくれないもんで、すべて私の介入で、
何とかサンプルの絵の中から
一番地味なイラストを選んで、
印刷コーナーに持っていき、
インクも一色の 地味~な Tシャツを完成させました。


もっと色使えばと言っても、いやいやと首を横に振ります。

いったい何なんだ
この拒絶っぷりは



日ごろ描いている絵や織物では、
色の魔術師かと思うくらい、
美しい色彩を産み出すのに、
その良さは完全に封印されていました。

色の魔術師
  ↑ たとえばこんなマフラー


    @@@@@@@@@@@@@@@



学校の雰囲気は明るくて、清潔で、
心ある運営をしてると言う印象を持ちました。

あとで本人に聞いてみると、
行ってもいいと思える学校だけど、
行けるかどうかはわからない。

生徒たちが元不登校にしてはちゃんとしすぎてて、
敷居が高かったのかも。

もう一回来て見ないと
あってるかどうかはわからない感じです。

3年生になったら又体験に行ってみるかと言うことで、
ひとまず保留にしました。


しかし学校からは
「何も出来ない子」 だと思われただろうなあ。

「是非当校に!」 と思う人は絶対にいないだろうなあ。



ま、売り込みに行ったワケじゃないから・・・

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

  ↑ 押してもらえたらうれしいです。 
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。