Piemo子離れ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

門前払いとえり好み

さて2年前のアネの話が続きます。
前回 ( あの内申をなかったことに ) の続きから。


すべり止めの私立を探すにあたって
一応のガイドラインを決めました。

  当時の内申点で入学可能
  共学 ( 女子の集団には嫌な思い出があるらしい。 )
  一応大学にはいけそう
  うちからアクセスが悪くない

そんな条件の学校から、いくつか候補を絞り、
進学説明会、オープンスクール、文化祭と
実際に足を運んでみました。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  「中学2の時、全く登校してないのですが、
   受験させていただけるでしょうか?」


と質問すると・・・・・。

進学校と言われる学校ほど 
「残念ですが 」 
と言う答が返ってきます。

とある中堅クラスの高校などは、 
「あー、うちじゃ取れないねえ。」 と 感じが悪く 
    ( 何様? )
「むしろ願い下げじゃわい。」
 と言う気分になりました。

さる中高一貫校は、
在校生が外部の人間に無関心で、
排他的な雰囲気。



ある人気高校の文化祭では、
廊下のゴミ箱から、
焼きそばの食べ残しパックなどがあふれ落ちているのに、
生徒も先生も、誰も拾おうとしない。

  (+◇+)ウエッ キタナ・
だらしなさに驚愕。

娘が「ここ頭痛がする。無理」
と言って、
担当者と会う前に逃げ帰りました。


足を運ばないとわからない事ってあるものです。


割と気にいった高校で、
「一般入試はダメですが、オープン入試なら可能です。」
と言われました。

しかし内申のいらないオープンは、
専願や併願と違って、バクチ要素が強く、
倍率は高いし、確実にとってくれるわけでもないので
滑り止めになりません。

これも決定打にはならず、
もう少し、遠くまで範囲を広げる事にしました。



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ やはり現場が捜査(調査?)の基本 
 



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。