Piemo子離れ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

食育と言わないで

自閉っ子のお母さんのスタンダードな悩み。それは偏食。


普通のお母さんでも好き嫌い話は盛り上がる。


しかし我が家と周りとはお悩みレベルが違っていた。
「にんじんが嫌いなの」「生の魚がダメで」・・・
悩むようなことですか、そんなの?


p4-12001



野菜ダメ果物ダメ、肉がダメ、甘いのダメに加えて、
食材が混ざり合ってると気持ち悪がる。
カレー、シチュー、ハンバーグ、ケーキ、プリンなど
普通の子供の好きなものがほとんど嫌い。


無理に口に突っ込めば泣いて吐き出した。(>>)
小さく見えないようにしても匂いでわかる。
ラーメンやうどんのスープに野菜のゆで汁を混ぜたら
「変な味」と言って丸々残した。


食べられるものが食卓にない時は、
テーブルに広がる食べ物には見向きもせずに、
冷蔵庫からバターをだして、しょうゆをかけて食べていた。
・・・・兵糧攻めも効かない


そして1人食べないのがいると、きょうだいも公然と好き嫌いをし
日々手付かずの食べ物が残ってた。
私が不満を毎日、顔と口に出していたんだろうな
うちの食卓は本当に楽しくなかった。


今はもうPieの食育は捨てた。無理!
相変わらず偏食だけど米と牛乳と魚は好きなので元気だし。
無茶苦茶しょうゆをかけるけど、
精神不安の強い子はナトリウムをたくさん取る必要があると、某栄養士さんが言っていて
「自分の体の要求するものを食べているだけかも」と思い直した。


今10歳になり野菜も7種類食べられるようになり、
お腹がすけば自分でお茶漬けやラーメンも作る。

でも給食は2割いければいい方。
だってほとんど食材混ざってるから。
これも不登校の要因のひとつなので肩身が狭いです。

 
「正しい生活は正しい食育から」
学校も政府も育児書も声高に言っててうるさいくらい。

どちらもできてないから耳が痛いのよ。


でも自閉症は噛むとか味わうとかが負担になる場合があるということがわかって、
随分親として楽になりました。

定型発達のこども向けのマニュアルでうまくいかないのは当たり前だよね。
自閉っ子向けの食育は、まだ確立されていないのだ。

自閉症児の好き嫌いを克服したことのあるお母さん。尊敬です。



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

偏食の問題は、よく聞きますね。
実は私も小1の頃、給食が一因での不登校児でした(^ー^;)
また、りょぉちんは3才の頃、旦那(父親)に『パセリを食べるか、死んだほうがマシか』という究極の選択を迫られた時
キッパリ『死んでいいから食べない』と言い切った過去を持っています。
そしてあやりんは、苦手なモノは意志と関係なく吐いてしまいます。
きっと、ココは見て見ぬフリor気にしないようにするしかない部分かもしれないですね。

あ・・精神不安の強い子はナトリウムをたくさん取る必要があるんですね。
納得です(^-^)

ともりん | URL | 2007/10/03 (Wed) 08:58 [編集]


ともりんさんへ

食育は捨てたと言いつつ、ほんとはまだ未練あるんですよ。身体にいいとか脳に良いとか聞いちゃうと「食べてもらいたいなあ」とか思っちゃう。でも無理強いしても栄養にならないような気がして。で、結局ヘタレの母です。弱気・・。

piemo | URL | 2007/10/03 (Wed) 20:05 [編集]


うちの兄弟(上が発達障害、下が定型です)も凄い偏食でした。いやまだ進行形かも・・。
子供はご飯とから揚げしか食べられなかったし、給食にいたっては校長先生に呼び出されお叱りを受けるほど食べませんでした。
でも実は、私自身子供の頃、酷い偏食だったので、「吐きたくなるほど食べたくない苦しさ」を身をもって知っています。
そんな私でも、20才過ぎ頃には何でも食べられるようになったのですよ。
私は、子供に無理に食べさせようとは、正直思えません。
今、上の子が中学生で、何故か今はずいぶん偏食がなくなりました。
別に、嫌いなものを食べる事を強制したわけではないのですが。(学校では強制されていたかもと思いますが)

下の子は偏食真っ最中です。
子供の嫌いなものも食卓に出しますが、上の子の時と同じように、
「一口なめて嫌いだったら、無理しなくいいよ。」と一言子供に言ってしまいます。
その分、不足している栄養は、時々サプリメントで補っています。
いつかきっと、私や上の子のように自然と食べられるようになる「生命力」っていうのかな?それを信じています。

きっと食育を推奨している人にしてみたら、お叱りをうけるのでしょうが、
私は、たとえ偏った食事内容でも「美味しい」といって食べてくれる子供の姿を一番に優先してしまいます。

だからと言っては何ですが、「放っとけ」にクリックしました。(爆)

モー母 | URL | 2007/10/04 (Thu) 09:19 [編集]


モー母さんへ

モー母さん、「放っとけ」にクリックありがとうございます。体質によって食の好みや必要な栄養は違うと言う観点が、今の食育には抜けてますよね。きっと食べるの大好きな健康さんが集まって作っているんでしょうね。

piemo | URL | 2007/10/04 (Thu) 13:23 [編集]


コメントありがとうございます(^-^)

何だかpiemoさんのブログは癒やされます。

リンクさせていただいてもよろしいでしょうか?

Vana | URL | 2007/10/04 (Thu) 23:36 [編集]


食育・・・耳が痛いわ~~v-393
食べたいものが必要な栄養ですよね。
楽しくおいしく食べるのがいちばんって私も思ってます。

ぴょんはおやつにいつもはちみつ梅の大きいの3つほど食べていますv-411
体がナトリウムを欲しがってるのね、なるほどなっとくv-426

みー | URL | 2007/10/05 (Fri) 00:25 [編集]


Vanaさんへ

そう言っていただけるとうれしいです。(^^)
是非リンクしてください。Vanaさんの詳し~い説明ブログ、そのうちデータボックスとして使わせていただくかもしれません。(その時はVanaさん発と一言入れますね)

piemo | URL | 2007/10/05 (Fri) 05:54 [編集]


はちみつ梅、カラダにもココロにもききそうじゃないですか。
みーさんのお料理はとても楽しくておいしそう。
最高の食育をされてるなあと感心してます。
特にキャラ弁感動しました☆

piemo | URL | 2007/10/05 (Fri) 06:02 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。