Piemo子離れ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

特区の中学校を偵察

公立中の個別支援クラスを見たあとは、
私立中の見学に行って来ました。 

Pieでも通えそうな学校 として
候補のひとつに考えている 
S学園の学校説明会です。


LD親の会
が作ったフリースクールが前身になっていて、
県から特区の認定を受けている中学校です。


発達障害、学習障害、いじめなどの理由で、
学校生活が困難になっている子供を
積極的に受け入れているありがたい学校で、
試験はありますが、
偏差値の高さで合格が決まるわけではないという事でした。

高校もグループがあって、
その中のいくつかを進路として選べます。


説明を聞くと、

とにかく無理をさせない、
楽しく学校に来てもらう、  
生きる自信をつけていいところを伸ばしていくのだ 
という学校の方針がよく伝わってきました。



授業も、各自のわかるところから見てくれるので、
授業は科目ごとに習熟度別になっています。
ノートや教科書といったものは使わず、
LD児のために考案されたプリントを使用していました。


宿題を出さない。  
制服を着なくていい。 

だからいまのままのPieでも、
嫌な思いをせずに通えるかもしれません。



SST(ソーシャルスキルトレーニング)という授業が
毎週あって、集団のルールを教えてくれます。

そして、生徒への指示は必ずひとつずつというのが、
先生に課せられた学校のきまりでした。

「いっぺんに複数の指示をしてはいけない」 という事が
現場でルール化されているということに、
学校側の意識の高さを感じました。

担任の人柄や、
校長の裁量にゆだねられる公立中の個別指導とちがって、
発達障害児へのノウハウが
システムとして確立している
新しい情報もきちんと吸収している、
プロフェッショナルな組織という印象を受けました。

omake29001

説明担当の先生はこうおっしゃっていました。

「私たちは、生徒の診断名は聞かない様にしています。
というのは、診断名は、
その時々の流行によって変わってくる物だからです。
5年前はほとんどがLD、
今は皆アスペルガー症候群、
新しい診断名が出てきたら又そっちに行くでしょう。(笑)

そしてただの不登校で障害はありません
という親御さんもいますが、無関係ということはあまりない。
だからWISCⅢと体験入学で、
お子さんがこの学園に合ってるかどうかを判断させてもらいます。」


この学校なら、
Pieにとってのシェルターとなってくれるかもしれない。

で、学校説明会の次に面談をうけるため
WISCⅢの検査をしに行って来ました。

面談申し込みの資料に貼る証明写真も撮ってきました。
野生児のような髪型だったので
美容院にも連れて行ったあとで。

にわかな忙しさは
なんかお受験みたいですが、
( 親子で面談だから、一応そうなのか?・・・・?????)
当日はちゃんとした格好をしていかないとダメなのかな?




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ  ちゃんとした格好などPieさんは大嫌い。(絶対無理) 



a_04[1] (F2自閉症ランキング)

 

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 やっぱりプロフェッショナルの集団って魅力ありますね。よくわからないけどやっぱり私立は公立と違って公務員先生ではなくてサラリーマン先生なのでしょうか・・。

 それぞれ特徴がありますね。下見って大事なんですね。

チョッちゃん | URL | 2008/08/08 (Fri) 10:42 [編集]


すごくpieちゃんにあってる感じがしますね。
これぞ、境界型の子供たちの場所!と言う感じがします。
養護学校は、やはり軽い子も重度の子も一緒になることが多く、いろんな面で格差が出てくるので、待つことが多くなったりするし、しんどいかもしれないですね。いくら個別に指導を心がけるといっても、養護学校ではそこまで手厚い指導は…ギモンです。

ひよりなぎ | URL | 2008/08/09 (Sat) 16:20 [編集]


う~んいい!!d(・∀・o)
うちの近くにあったら散々迷うだろうな~
ただ私立なので金銭面ですね…;

体験入学、これからなんですよね?
色々体験してみて本人が気に入ったら…
でも入学してみないとわからない…
私もpiemoさんと一緒に悩んで、考えていこうと思います。

しずく | URL | 2008/08/09 (Sat) 23:49 [編集]


チョッちゃんへ、
この学校の先生は殆どが若い人でした。
超ナーバスな子供らを1日中指導するのは
かなり体力がいる仕事だからかな?

先生をランダムに人事配置する公立には
デモ鹿とか古狸とかが生息してますが、
方針のはっきりした私立なら、
学校のコンセプトに賛同した先生だけで
構成する事が出来るので
プロ集団になれるんでしょうね。

piemo | URL | 2008/08/10 (Sun) 08:25 [編集]


ひよりなぎさん、
公立中学のコンセプトは、やはり文科省の
指導の域(つまり平均)を出ないので、
お任せしてると後悔する可能性もありますね。
親がモンスターペアレンツ覚悟で介入すれば
配慮ももらえるのでしょうが、
親も先生も知識や技術がハンパだと
迷走して子供はどこへいく~になってしまうかも・・・。

piemo | URL | 2008/08/10 (Sun) 08:47 [編集]


しずくさん、何度か学校に足を運ぶうちに
本人が学校に慣れてきた感じです。
金銭面は学校にちゃんと通ってくれたら、
パートにいける可能性が(自転車操業)
しかしこれで入試でサヨナラってことになったら
ショック受けそう~。



piemo | URL | 2008/08/10 (Sun) 08:55 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。