Piemo子離れ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

それでも中学はやって来る

Pieを どこの中学校に行かせるか?
それが 目下のお悩み です。 
小学校では、Pieにあった形ですごさせてもらえて、
不登校生活から、抜け出す事が出来たけれど,
やっぱり集団生活への適応力は、
ほとんど身についていないのでした。


どんだけダメかといえば・・・・・
  人前ではまったくしゃべらない。
  長時間座って授業を受けられない。
  字を書けば、ひらがな多用の殴り書き。

  ノートをとるとか、テストを受けるとか、あいさつとか、返事とか、   
  万事拒否で済ませております。

  体育館や音楽室などの苦手場所には近寄らず、
  授業も受けないのでリコーダー1曲吹けません。

  掃除も整頓も協力も、やはり苦手のご様子。

  集団のルールという意識が ない。


これで地元の公立中にそのまま入学して、
まともに通えたらもう奇跡ですわ。


omake27001


アネの行っている公立中は、
1000人を超えるマンモス校ですが、
勉強にも部活にもガンバっていて
世間から見ればそんなに困った学校ではありません。

しかし真面目な生徒が多く、
汗と青春が幅を利かせており、
がんばらない子には、少し居心地が良くないかも。

学力や生活スキルに何の問題もなかったアネが、
不登校になっているほどの窮屈さがあるのに、  

学力も集団生活もさっぱりのPieが、
どうやってすごせるというのか・・・・ /(>o<)\




 発達障害があって不登校の子供を受け入れてくれる 

そんな都合のいい学校はないか?
ラッキーな事に存在しています。
説明会にも出かけました。
ここならやっていけるかも・・という希望もわきおこりました。

しかしそんな学校は、
ニーズの多さゆえ、競争率が高く、
入試で振り落とされる可能性も大有り。

だから地元の中学校も
保険として押さえておかなくては。


そして地元中に行くなら、
もう普通級では限界かも知れない。
今度こそ個別支援クラスで過ごすことになりそうです。  

その個別支援クラスが、Pieにあっているかどうか、
中学校のカウンセラーさんに聞いてみました。 
(お姉ちゃんの悩み相談で、近頃親密なのです)

「見学をして、お母さんが判断された方がいいです。 
 小学校の校長先生を通じて申し込んで下さい。」
とのことでした。


主治医のおじいちゃんは
「こういう子は私立にいったほうが伸びるんだよね」
とか言うのですが、
学校に行きたいという意思がない子を、
どう学校に売り込めばいいのでしょう。

「学校嫌いなんですけど受け入れてくれますか? 」 
などとは、偏差値低めの私立でも
言いにくいですよ。
(そこまで正直に言うアホはいないって・・・・(ーДー;)  )


それに、きょうだい中で一番勉強が嫌いな子に、
一番高い学費をかけるっていいのかな?
裕福でもないのに・・
ごめんよアネと弟君

と思う事もしばしばなのです。



さてさてPieの中学校選び、どうなります事やら。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ 見学のお話はまた次の機会に 




a_04[1]  (F2不登校ランキング) 

 





スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

とても難しい話ですね~。
私は、娘を単純に送迎の距離的なことで、地元中学の特殊学級に入れたけど、そこでの一年間は、本当に母も子も無駄にしたなあという感想しか出ません。担任に人間性まで否定され、悲惨な目に遭いましたから。
…ま、それはさておき、pieちゃんの気持ちが大事と言うけど、学校がきらいなのだからいくら薦めても本人は首を縦に振るのは難しいでしょうしね…。
親が少しでもいいところを…と決めるしかないのですね。難しいですね。
我が家は、幸いにも娘がどこの学校でも嫌がることなく行ってくれたので、母が一人気をもんだもののよかったのですが…。
ほんとに難しい判断を迫られている感じがします。

ひよりなぎ | URL | 2008/07/16 (Wed) 14:05 [編集]


 悩みますよね~。
義務教育っていうぐらいだから義務なんだろうけど私立受験ではやっぱり行く気満々でないと厳しいんでしょうね・・・。

 通信制中学ってないのかな・・・。

チョッちゃん | URL | 2008/07/16 (Wed) 23:13 [編集]


ひよりなぎさん、
うららちゃん共々いやな目に会ってご愁傷様でした。
公立中の場合は学校によってあたりはずれが
大きいですね。
やっぱ親の情報収集力って大切なのかなあ。

piemo | URL | 2008/07/17 (Thu) 21:03 [編集]


チョッちゃんとこのトット君こそ
伸ばし方云々で激変しそうです。
でも強力サポーターの家族がいますから
そこいらの学校でもきちんと伸びていけるかもしれません。
親の力不足を痛感する今日このごろ。

piemo | URL | 2008/07/17 (Thu) 22:26 [編集]


一番勉強が嫌いな子に一番高い学費をかける…
頭の痛い話です…
進路についてはやはり…(ノω`*)アイタタタタ…

誰にでも言えるのは色々見学して、色々話を聞いてみることくらいでしょうか…
公立を含めてですね。
「送り迎え」もあるし…
(-ω-;)ウーン
色々検討して最善策が見えてくるといいですね。

しずく | URL | 2008/07/20 (Sun) 13:57 [編集]


しずくさん、高校が絡んでくると
更にややこしい世界になってくるのでしょうね。
子供にやる気があれば、
親のサポートにも熱がはいるけど、
空回りして暑苦しい自分もなんかイヤです。

piemo | URL | 2008/07/21 (Mon) 11:12 [編集]


小学校、中学校はそれなりに受け皿があるようですが、高校となると難しいようで、娘の学校も
今年は生徒が集中していますよ。
校区の中学校の特別支援級は、先生のよしあしで決まるようですし、難しいですね。
公立と支援学校の間が欲しいですよね~☆

まりごま | URL | 2008/07/21 (Mon) 16:50 [編集]


まりごまさん
公立と支援学級の間の学校、
ニーズが多いわりには数が足りませんね。
それでも近くにあるだけ我が家なんかは恵まれてます。
田舎では選択肢すらない所も多いですもんね。

piemo | URL | 2008/07/22 (Tue) 10:37 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。