Piemo子離れ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

卒業式 for you

パート小学生Pieの卒業式は、
我が家の引っ越しの前日でありました。

  <(゜◇゜;)>・・・バタバタ  ギャー

とはいえ、最後のその日もやっぱり大名出勤


  証書授与のセレモニーには出ずに、
  式が終ったあとで証書をいただきに登校する。 


というお約束を、
校長先生としていたのでした。

朝から、式そっちのけで、
荷物の梱包などをする私。

人生の節目に、親子して
こんなんでいいのかい。  A(°▽°;)





当日は12時ごろ、本人は平服で、私は一応スーツを着て
学校に向かいました。       



職員室に着くと、
校長は今から写真撮影だといいます。

丁度担任の先生に会って、 「一緒に写真をとろう」
と声をかけられました。

拒絶しないかなと思っていたら、
そのまま素直にうなずいて体育館へと移動しました。

式に顔を見せたことで、クラスの友達も喜んでくれて
  (*^▽^)ー(*^o^)ー(^_^*)

にこやかに写真をとりおえました。

写真撮影が終了し、
子ども達が体育館の外へ出てしまうと、
先生方が舞台の上の机や花瓶を、
やにわに動かし始め、舞台のセットが、
授与式の時のものと同じ形に配置されました


Pieひとりのためだけに、
校長先生が証書と名まえを読み上げ、
他の子ども達と同じように
卒業証書授与の式を執り行ってくれたのでした。

舞台に上がったPieは、証書を受け取り、
(ぬいぐるみを抱えてますが)、
ぎこちないながらも礼をして、
先生方に拍手で迎えられて舞台を下りました。   



寂しい卒業式になると思っていたのに、
とてもよい終り方で送り出してもらえた小学校。

新しいスタートにつなげる力を
多分もらえたと感じています。

問題の多い子供だったにもかかわらず、
さいごまで大切に扱っていただいたことに、感謝が一杯です。





けーき これも Pieの 絵




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ 引っ越しでパソコン見る暇もナイッ・ 



a_04[1] まして絵を描く暇など・・・

 

スポンサーサイト

PageTop

蔵書か紙ゴミか

本棚にカビが生えています。

   ・・・3つとも。

引っ越しついでに全て捨てる事に決め、
不用品引取り業者に
持っていってもらうことになりました。


ということはその前に

本棚を空にする仕事が ドドーン と。

   (°▽°;)  ドヒャー

で、捨てる物と、残す物を仕分けにかかりました。


まずは梱包するもの、
これはランクAの本。

  今後も誰かが読みそうなもの、
  気にいっているもの。


次はランクB
リサイクル(有料)
うちではもう読みそうにないけど、ブックオフで売れそうなもの。


次はランクC
リサイクル(無料)
ブックオフでお値段つかず、
区役所のリサイクルコーナーへ行くもの


そしてランクD
汚すぎて捨てるしかないもの。



ランクBは、微妙にカビや黄ばみにやられてるのが多く、
ブックオフでは殆ど突っ返され
ランクC
へ格下げ。

区役所のリサイクルコーナーに
いちいち持ち込みにいってましたが、本って相当に重いです。

  (°△°;)  ゼエゼエ


1回で運べる量はせいぜい旅行鞄1個分、
本棚1段がせいぜいです。


モノのついでに運んでも、全然処分になりません。


あんまり辛いんで、3回も運んだあとは、
残り一気にランクDに格下げ。


紙ごみの日にまとめてドーンと出してしまいました。



捨ててる時は、知を冒涜してるような気がしましたが、
一日経てばそんなのただの気の迷い。


なくなってみると・・

実にまことにスッキリしました。


ミント



にほんブログ村 子育てブログへ 全然困らない事にやっと気づく。  




PageTop

想い出か、紙ゴミか(手紙編)

量にして、ざっと大き目のダンボール2箱分

実家を出てこのかた、我が家に届いた手紙の山です。

お金はなく、暇のある独身時代
当時は電話料金はバカ高く、
携帯メールは発明すらされていません。

友や家族と、せっせと手紙をやり取りしていたものでした。

 (*^v^)ー□・・・・・・・・□ー(^_^*)

けれども出産を境に、
出すことも、もらうことも、徐々に少なくなってきました。


生活の重心は、子供を中心とする輪のほうへと移行。

ここ数年来る手紙は、ほぼ年賀状とダイレクトメールだけ。


こんなもの捨てても平気だ。

今こそ捨てる時だ。

さあ、オニになるぞ~。

ヨーギ2 え、捨てるの? (Pie作)



最近2年間の年賀状は住所録代わりに残し、
あとは切捨てにかかります。

 
捨てる作業中、
昔の手紙や写真の懐かしさに、
ひと時のタイムスリップを味わいました。

そんな感慨を味あわせてくれたものは、
「やっぱり捨てない箱」へ復活!

 リ・ボーン!  



今は特に必要なものでは有りません。

けれどもおばあちゃんになり、
頭の中に消しゴムがかかった時、
こんな昔の手紙が、
しあわせな記憶をよみがえらせてくれるかもしれません。

ま、そのために。


が、・・昔、今の夫と遠距離にあった時に、
(金なし暇ありで)
毎週のように書いてお手紙が何枚も出てきて

字は汚いわ、
中身はないわ、
たわごとだらけだわ、
バカップル全開だわ

    (|||| `◇´)□  ・・・ このアホは ダレデスカッ?

・・・で、見るに絶えず、
即捨てにかかりました。

子供に見つかったら馬鹿にされるという焦りで・・・

人の手紙は残しますけど、

私が出した手紙は捨ててもらって全然OKよ~。





にほんブログ村 子育てブログへ 恥も含めて思い出です  





PageTop

想い出か、紙ゴミか(作品編)

もうひとつのブログ 「スミカエ日記」 で
詳しく語っておりますが、
我が家はもうすぐお引越しです。


移り先は、新築のピカピカな家 なので、
使ってない物、汚れた物は全て
処分の方向で計画を立てています。



引っ越し屋さんのダンボール箱に、
今は使わないけれど持って行くものを、せっせと荷造りする日々。


真っ先に手を付けたのは紙のもの

本、手紙、プリント、名簿、子供の作品など。


しかしその紙の分別。
これがなかなか進みません。  (0△0|||| ) ・・・・ウギー



アネとPieが小学校で使っていた教科書も、
意味もなく取り置いてあり
押入れの中で場所をふさいでいます。


他にも、テストとかクラス便りとか、名簿とか、
この先の人生で一切要らないだろう 
思えるものがとでてきました。


成長の軌跡が感じられるものもあるので、
レポートや絵は捨てることはないんじゃない?
と思ったのですが、

アネとPieは昔の未熟な自分をみるのが嫌なようで、
それも捨てるといいます。

omake75001


しかしみんな名前が書いてあるのが、
ごみとしては生々しく、
人に見つかると余計にはずかしい。

3人がかりで、捨てると決めたものから、
名前の部分を切り取り、
紙ゴミと 一般ゴミに分別をしました。


弟君は、学校も自分も好きなので、
「捨てないで置いておく」
といいます。

想い出を大事に思う気持ちがうれしいです。

本音は作業が減ってほっとした~ですが。

    A(゜▽゜;)   イイコダネー・・・




そしてまだ、自分と旦那様の分もしっかり残ってます。

たとえば個人情報が書かれた紙、
昔は大らかに、そのままドカッと捨てていましたが、

平成の御世では、これ皆細かくして、
何が何やら判らないようにしないと廃棄できません。

うちのシュレッダーは、はさみ型なので、  
指にタコができて痛い~。(>へ<)

もう切るのイヤでございます~。


また、改訂版が送られてきたために
ゴミ となった同窓会名簿。   


そのまま捨てたら
悪用される可能性もある。


だから、名前と住所と電話番号がつながらないように
全部のページをびりびり・・手作業で分解しました。



どうせ使わないものを置いておくのは息苦しいので、
消えてもらってすっきりはしたけど、


紙ごみにするには心が痛むもの、
まだまだ家のなかにあふれかえっていて、
しばらくこの戦いは続きそうなのです。




さよなら絶望先生  決め台詞は「絶望したっ




にほんブログ村 子育てブログへ   持ち物の二割はゴミと知る春や
    



PageTop

真剣蝉中学講座2

学校行ってない、
部活してない、
塾は週末1回だけ。

これだけ暇が有り余っているのなら、
なんとか学習に向かってくれないものかと、

「1日15分の勉強でOK」  との宣伝文句に乗せられ
某通信教育に入会してみたのでした。


事務



しかし、最初に届いた1か月分が、
けっこう 膨大な量

どこから手を付けていいのかわからない彼女は、
見ただけで挫折してしまいました。


    <(@皿@)/ デキルカー  ンナロー!


勧めた責任上仕方なく、システムを私が調べます。

テキストは10冊以上はいってて、
理科なら生物、科学、物理、地学の4冊、
社会なら、歴史、地理、政治経済
というふうに科目の中で、細かに分かれています。


至れり尽くせりでよく考えられたプログラムですが、
学習習慣を失ったアホ中学生には、
それをやるための.スタートラインは
大変遠いようでした。             



  「  その参考書の中身を理解し、
     問題集を解き
     提出用問題をセンターに送る

     それを1ヶ月でこなす。      」



こつこつと努力できるきちんとした子なら
ちゃんとした成果も得られるでしょうが、

慣れないことにはまず拒絶反応を示すアネには
ハードルが高かったようです。



15分で終われるのは、
多少貯金のある国語だけ。


理科・社会にいたっては、
習ってすらいないので、
呪文集も同じです。  


1日分終る前にイヤになり、
日々のノルマが増えるばかり。


学校でもらった宿題も、
ほそぼそとやっていたのが、
それをやる時間がとれない程負担になってきたので、
2ヶ月目にして脱会しました。
    
    (あきらめ早っ!)




ゼミをやった子のほとんどが
合格しているという宣伝文句、
特に誇大 でもないでしょうが、
どちらかというと、ゼミを続けるだけの

   根性、体力、計画性

を持ち合わせている子だからこそ、
受験に勝てるのではないかいな?  


通信教育をこなすには、
かなり高度な管理能力、
あるいはそれを支えるモチベーションが必要です。
(でなければ親の根性が・・・。)



大人でもユーキャン挫折組みたいなのが
普通にごろごろしてるというのに、


自己管理能力の育っていない中学生に
やめても誰も困らないものを続けろというのも
難しい話。


本人がやりたいという日が来るまで、
しばらく通信教育とは縁のない毎日になりそうです。



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ 理科と社会は私がカテキョー
 


a_04[1] でも漢検は合格、3級だけにありがとう~。

 




PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。