Piemo子離れ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

誰でも作れるアメリカンドッグ

アメリカンドッグ ・・・・・

その名前のわりには、昭和の日本 を
感じさせるジャンクフードであります。 

そもそもアメリカで食べてる人っているのかな~。   


とはいえ、コンビニ、スーパーでは、
それなりの定番商品。
秋になると、ミョーに食べたくなってしまいます。  


しかし実はこれ、家でも簡単に作れてしまうんですね。


それはあまりにも簡単な手作りおやつなので、
レシピと明言するのも
恥ずかしいほどですが・・。 (-s-;)A
    

p4-66001
     つまり、揚げ物が出来る人間なら、誰だって作れます。
     はい、では作り方、
     チャッチャッと行きますね。




材料は、ホットケーキの種とウインナー。
(あらびきよりも、細引きとか、皮なしのほうがベター)

   
①  ホットケーキミックス200グラム  + 卵 1個  + ミルク120cc
    を、ボールの中で混ぜて衣を作ります。

②  ウインナーを、①の衣に絡ませて、
    中火くらいの油で揚げます。
    こんがり、いい色になったら取り出します。
    (お箸より、大匙スプーンの方が 衣を付けやすい)

③  お好みでケチャップマスタードを付けて下さい。
   (ケチャップ+ウスターソース+マスタード)のミックスソースが一番おいしいと思います。


   
P100843
 え、微妙に違う?    でも「できたて」だからおいしいのだピカ 

  
 
あ、でもひとつ注意  

このタネだとウインナー20個分作っても
衣、確実にあまりますから。

残りはホットケーキにでもして
うまく片付けて下さいな。



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ 簡単適当
 




にほんブログ村 子育てブログへそして無責任レシピでした 



スポンサーサイト

PageTop

「お母さんの仕事」のスランプ

前回、不登校が停滞中のアネについて、
愚痴を書いてしまいました。

      〆(`皿´;)

やけっぱちを丸投げした荒れた文章が、後から嫌になって

「もう見たくないから消そ。」

と、数時間後に開いてみたら
いつになくお早い反響が、多数寄せられておりました。

「削除でサヨナラ」 
     と片付けるのは   (--)/~

「貴様無礼であろう・・」
     という、シチュエーションになっていたので  <(`の´)>


真剣に心配して下さる人々へ
返事を探しているうちに
何だか置かれている状況が見えてきました。


青い鳥001


私が同じ毎日に、倦んでいたみたいです。


数ヶ月前に比べると、学校に対する気持ちは、
いいほうに向いてきていたのに。  


   運動会の騎馬戦、出てみたい。
   合唱コンクールに参加したい。  
   合唱コンクール、本番は聞きに行きたい。
   保険相談室に行きたい。


結局、気持ちに身体は追いつかず、全部、ダメでしたけどね。




今まで少しは前に進めたけれど、
今度の壁はちょっと高いのです。
乗り越えるのには、まだ力が足りないということでしょう。


  不登校生活にもスランプあり。



目に見える結果がなかなかでないと
明るい展開に見えないものです。

苦しんだり、困ったりもないと
打つ手がないように思えるものです。


  「アクション、ゴー」   
   これがない状態は手持ち無沙汰で不安定。


万策尽きて何していいのか、
わからなくなっていた私こそ
母としてのスランプに陥っていたようです。




にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ トンネルを抜けるとそこは 
 


a_04[1]  同じ毎日だった (あー飽きる) 

 

PageTop

空回りの毎日

お姉ちゃんは期末テストの後、
学校に近寄りもしなくなった。

何かというと 「めんどくせえ」 と言う。


フリースペースも行かなくなったし、
塾もサボリ勝ちになって、ずっと家にいる。
本格的に引きこもりになってきた。


ゲームをやって奇声を上げ、
マンガを呼んではげらげら笑っている時は元気だが、
部屋を暗くして、うずくまっていることも多い。


   
hana001


家で一応勉強のマネごとはしているが、
成果は大して上がらず、
テストの結果も通信簿も散々。

それでますますやる気が
失せてしまったみたいだ。



行かなくなって半年以上も経過した。



学校を避けたい理由も、よくわからなくなっている。
だから本人が、何に困っているのかも不明なままだ。

だから親も、先生も、友達も・・動きようもない。
この煮詰まった感じ。



  何で行きたくないのか? 
  何がそんなにイヤなのか? 


答はいつも 

「それがわかったら苦労しないよ。」
 
それはもうすっかり、便利な言い回しになってしまった。


その言葉を出されると、話はそこで終ってしまう。






「行こうと思えば行けるはずなのに。」
 


そんな風に感じてしまうと、
怠けや甘え・・そんなスパイスが一杯入った
ぬるま湯不登校に思えてしょうがない。





にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ やる気がうせるのも思春期のせい?
 


a_04[1] これも真人間へのステップか? 

 



PageTop

大往生

祖母が百二才で、旅立っていきました。

忌引きの報告をすると、
神妙な表情で、みなお悔やみくださいますが、
「百二才の大往生だったんです。」 というと、
「それは長生きで」 と一転笑顔になってくれます。

百才を超えたというおめでたさが、死も浄化してくれるようです。



私は葬儀に縁が薄く、古い記憶しかありません。


  家の壁にも、塀にも、張り巡らされた黒白の幕。
  黒っぽい固そうな造花の花輪。
  長いお経の間中、正座でお焼香の順番を待つ。

  中学生の時でしたが、そのものものしさ、
  居場所もなく、苦行に感じたものでした。





多分Pieは、あの雰囲気には耐えられないだろう。
アネにとっても面白いものではないだろう。

そして祖母も、10人以上いるひ孫の区別は
出来てなかっただろう。


ひいおばあちゃんのお葬式、
連れて行くべきかどうか。
悩みましたが、結局、弟だけ連れて飛行機に乗りました。

-------------------------



久しぶりに出席してみると、
最近の葬儀。
ずいぶん明るく洗練されたものになっていたのですね。

  会場は、白壁に、
  生花の花輪と高級フルーツかごで美しく飾られ
  (値の張るオプションですが)、

  縁者の席も正座などではなく、
  全員に椅子が用意され、
  長い旅路への花向けを感じさせる雰囲気の、
  むしろ清清しいものでした。



けれども、半時間に及ぶ長いお経や、
一人一人祭壇に出て行ってのお焼香。
精進落しの食事会のさいの親戚全員の自己紹介など、

多分Pieには負担が過ぎると思われる事ばかり。
(置いてきてよかった。)



食事会では、私のイトコや、おじやおばは、
旧交を温め、思い出をしのんでいました。

が、中高生のハトコたちは、元々面識がないため、
一様に居心地が良くないようで、
特に話を交わすこともなく、
もてあました時間、ほぼ全員がずっと
ケータイの画面に向かっていました。
(DSはさすがに不謹慎だからか、誰もしてなかったけど)

親戚だから仲良くしようとかの建前も通じない年頃。
(何となくアネも置いて来てよかった。)



小学生男子はそこへ行くと屈託がなく、
弟君は同い年のワンパクハトコとすぐ意気投合してました。

火葬場で遺体を焼いた後の骨を、
箸でひろってみんなで木箱に入れていた時、

omake36001
       実の娘たちが泣いてる中で不謹慎だったか?


でもひいおばあちゃんも見ていたら、
ほほえましく思ってくれたでしょう。

「子供ってどんなことでも楽しめるものやね」
母も感心していました。
(多分つれて来てよかった。)



-------------------------


帰り着いて、留守番のお姉ちゃん二人には、
「お正月にお墓参りに行こうね。」
というと

「もちろん」
という返事が返ってきました。


にほんブログ村 子育てブログへ いつか法事に耐えられるようになって下さい




PageTop

弟は昆虫王子3

   昆虫知識が どかどかと増えていく 息子。

   もう うんちくが止まらない~。



ko6004

またまた昆虫マンガ、第3弾でございます。

ムシまんが003

頭の中は 昆虫で一杯。
しかし、虫大嫌いなお姉ちゃんたちには、
完全に ウザがられております。

がんばれ、負けるな、昆虫王子。


にほんブログ村 子育てブログへ  無視されまくり (ムシだけに)  バグー


PageTop

その名はドバレーヌ

    ドバレーヌ

それは、もっとも簡単な手作りおやつ。

クッキーよりも短時間で出来、ホットケーキより断然リッチ。
我が家では、子供の友達がに来た時などに よく作られます。

    
ドバレーヌ


要はマドレーヌの生地を、大きめの型に流し込んで焼くだけ。
ちなみにこれは直径25センチのパイレックスです。




<作り方説明>
①  卵2個ボールに割り入れ、お湯を張った鍋の上で泡立てる。(湯せん)
②  砂糖80グラム~100グラム  加えて泡立て続ける。(もったりしてくればOK)
③  薄力粉100グラムとベーキングパウダー小さじ1を振るいながら入れて混ぜる。
④  バター50グラム~100グラム  溶かしていれる。
⑤  バター塗ったパイレックスにドバッと流し込む。
⑤  180度にあたためてたオーブンで20分~25分焼いて出来上がり。



マドレーヌ生地の基本は、
粉100グラム、砂糖100グラム、バター100グラム、卵100グラム ですが、
我が家では、カロリーカットと、材料の節約を兼ねて 砂糖とバターは少なめです。
すごーくしっかりあわ立てた場合は、ベーキングパウダーは要りません。

生地が簡単なわりには
小さい型に バターを塗って 粉引きして という手間がわずらわしいのがマドレーヌ。

あー面倒だ。ドバッとパイレックスでどうだい!
という発想から 5年前に生まれた手抜きケーキ。
まだ愛らしかったおねえちゃんにより、ドバレーヌと命名されました。

今回はプレーンでしたが、
コーヒー味や ココア味、紅茶味、抹茶味など
バリエーションが多いのが
定番を誇っている秘訣ですね。


omake13001クッキングアネグラムでした 

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ 食べ過ぎちゃうから作るな  (思春期の主張) 
 



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。