Piemo子離れ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

中学校偵察その1

Pieの中学校生活・・・・・・というものを考えて見ます。

  地元の公立中に普通級に行く。              --->  不登校確実

  地元の公立中の個別支援クラスに行く。         --->  可能性あり 

  地元の公立中に籍を置いてフリースクールに通う。  --->  混乱しそうでイヤ 
      
  不登校のためのフリースクールに通う。         --->  よくわからない、いいのか?

  不登校・発達障碍OKの私立の学校に行く。       --->  できればそうしたい



そこでまず、
地元の公立中学の 個別支援クラスを 
見学に行ってきました。

P4-62002

教室が4室もあって、
「20人の子どもに対して5人の先生」
という結構充実した体制でした。

異年令の子ども達が、ひとつの教室で過ごしていて、
Pieの好きな手芸や美術に力を入れており、
普通級の子はもうやらない園芸や農業も、授業に組み入れています。

Pieと同じく、小学校は普通級だったけれど、
中学になってから支援級に入ったという子も数人いました。

思っていたより手厚い という印象でした。

ここにきちんと通ってくれれば、近いし、安いし、楽かなあ。

私立中は初年度100万円。 (なんて高いんだ~) 
公立中は初年度5万円。   (なんて安いんだ~)

この価格差は果たして妥当なの?
そんなに裕福でもないし、もう地元でいいんじゃないの?
・・・という気にもなってきます。




子ども達もおおむねいい笑顔ですごしていました。

でもやはり不安も残るのです。
それなぜかはまた次回に。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ  本人、先のこと考えられないし  




a_04[1] ) (F2自閉症ランキング)

 



スポンサーサイト

PageTop

三者面談なんですが・・・・

夏休み前のお姉ちゃん、
トンと学校に足が向かなくなり、
担任の先生やカウンセラーさんに、
時たま家庭訪問をしてもらっておりました。

でも週2回、ハートフルには電車で出かけているし、
元々近所のゆるい塾にも通っている。 

休みの日は父とTSUTAYAに行ったり、
買い物についてきたり、
色々出かけたがるタイプなので
引きこもる心配なんか全くありません。

だから私も、アネが家にいる事に対しての危機感は薄く、
何かのきっかけで元に戻るのではないかと
楽天的に考えてましたが、
ちょっと自信が無くなってきました。  はい。

夏休み前の三者面談が
アネの中学校でありまして・・・・。
p4-61001


家庭訪問に来てくれた先生と
「一応三者面談は行く。それで夏休み前に一回は登校できるよね。 」
という約束ををして、
「その日はさすがに行くだろう」
と思っていたのですが、
その時になってまたいつものように、
ヒュ~ドロドロ~ なオーラが出てきて   

  「無理に連れて行くつもりなんだ。
   そうなんだ。
   ひどい親だね。
   人をなんだと思ってんだよ。」 

時間だよと言っただけなのに悪者にされたわい。(むかあ~)


結局、動かす事かなわず、
のこのこと二者面談をしに行ってきましたよ。


親も担任も気をもむ事は多いけど、
本人いないから伝えようもなく、
そろそろ2年生後半だから進路の事を考えよう・・・
どころの話ではなかったのでした。

先生、夏休みは カモナマイハウス で又ご足労かけます。

夏休み明けは
ナイトメアから覚めてくれないものかなあ・・。



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ でも夏休みはみな不登校
 


a_04[1]  (F2不登校ランキング) 

 








PageTop

それでも中学はやって来る

Pieを どこの中学校に行かせるか?
それが 目下のお悩み です。 
小学校では、Pieにあった形ですごさせてもらえて、
不登校生活から、抜け出す事が出来たけれど,
やっぱり集団生活への適応力は、
ほとんど身についていないのでした。


どんだけダメかといえば・・・・・
  人前ではまったくしゃべらない。
  長時間座って授業を受けられない。
  字を書けば、ひらがな多用の殴り書き。

  ノートをとるとか、テストを受けるとか、あいさつとか、返事とか、   
  万事拒否で済ませております。

  体育館や音楽室などの苦手場所には近寄らず、
  授業も受けないのでリコーダー1曲吹けません。

  掃除も整頓も協力も、やはり苦手のご様子。

  集団のルールという意識が ない。


これで地元の公立中にそのまま入学して、
まともに通えたらもう奇跡ですわ。


omake27001


アネの行っている公立中は、
1000人を超えるマンモス校ですが、
勉強にも部活にもガンバっていて
世間から見ればそんなに困った学校ではありません。

しかし真面目な生徒が多く、
汗と青春が幅を利かせており、
がんばらない子には、少し居心地が良くないかも。

学力や生活スキルに何の問題もなかったアネが、
不登校になっているほどの窮屈さがあるのに、  

学力も集団生活もさっぱりのPieが、
どうやってすごせるというのか・・・・ /(>o<)\




 発達障害があって不登校の子供を受け入れてくれる 

そんな都合のいい学校はないか?
ラッキーな事に存在しています。
説明会にも出かけました。
ここならやっていけるかも・・という希望もわきおこりました。

しかしそんな学校は、
ニーズの多さゆえ、競争率が高く、
入試で振り落とされる可能性も大有り。

だから地元の中学校も
保険として押さえておかなくては。


そして地元中に行くなら、
もう普通級では限界かも知れない。
今度こそ個別支援クラスで過ごすことになりそうです。  

その個別支援クラスが、Pieにあっているかどうか、
中学校のカウンセラーさんに聞いてみました。 
(お姉ちゃんの悩み相談で、近頃親密なのです)

「見学をして、お母さんが判断された方がいいです。 
 小学校の校長先生を通じて申し込んで下さい。」
とのことでした。


主治医のおじいちゃんは
「こういう子は私立にいったほうが伸びるんだよね」
とか言うのですが、
学校に行きたいという意思がない子を、
どう学校に売り込めばいいのでしょう。

「学校嫌いなんですけど受け入れてくれますか? 」 
などとは、偏差値低めの私立でも
言いにくいですよ。
(そこまで正直に言うアホはいないって・・・・(ーДー;)  )


それに、きょうだい中で一番勉強が嫌いな子に、
一番高い学費をかけるっていいのかな?
裕福でもないのに・・
ごめんよアネと弟君

と思う事もしばしばなのです。



さてさてPieの中学校選び、どうなります事やら。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ 見学のお話はまた次の機会に 




a_04[1]  (F2不登校ランキング) 

 





PageTop

アンチ・エコ

ガソリンが高い。  

この間まで1リットル165円だったのに、
今週の店頭価格は、180円に迫る勢いに
なっているではないかあ。

無職の主婦としては、もうおいそれと車に乗れない。
歩けるところは歩くしかない。

無駄なドライブといえば、
最たるものが Pieの送り迎え。
歩いて8分の学校にいつも車で連れて行っている。
 

ガッコの隣にスーパーマーケットがあって
駐車は困らないから、当然と思っているらしい。

P4-60001


その日は結局先生が、
スーパーの駐車場まで会いに来てくれたが、
自閉度100パーセントの状態で、
車内でひざを抱えて、だるまさんみたいになっていた。


「今日はお勉強やめて、スライムでも作ろうか?」

というM先生の言葉に
少しだけ頭を上げたけれど、
一旦フリーズした自閉ちゃんは
やっぱり簡単に切り替えはできない。

先生は、給食の牛乳とパンを持ってきてくれて、
「来週は来てね。一緒にスライム作ろう。」
と言ってくれた。

ぬいぐるみがコクンとうなづいて
その日はスーパーの駐車場でお別れをした。


つまり来週も車で送り迎えしないといけないのね。

ガソリン高騰なんて、知ったこっちゃないのね。

夏休みの間にエコ教育を施しておかなくては。
でも夏はわたしが車無しでは無理だろーね。

もーなんとかしてくれ、洞爺湖サミット



にほんブログ村 子育てブログへ ドライブにも出れない  



a_04[1]  (F2不登校ランキング) 

 





PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。