Piemo子離れ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

最強美白ケア

Pieの高校が始まりました。

夏休み中、ほとんど外に出ていなかったので、日焼けとは無縁。
羨ましいほどお肌が白いです。

UVケアとかなんにもしてないのになあ。


私 「日焼け止めとか塗ってる?」

P 「いや、別に」

私 「そういやあんた、旅行から帰って来て外出したっけ?」

P 「・・・・う・・」

私 「あ、一回だけ出たな。お土産、渡しに。」


なんと20日間で1回しか外に出ていませんでした。
しかも太陽を浴びた時間は5分ほど。

引きこもりにまさる美白ケアなし?



確かに外は暑いし、家のほうが快適。

無理に外出する理由は何もなかったので、
家にこもってゲームして漫画読んで、
静かに暮らしておりました。

私「ずっと家にいたらたまには外に出たくならない?」

P「別に」


引きこもりへの適性が高すぎて、
学校連れてく事も親の押しつけに思えてしまい、
またグダグダになってしまいそうな母でした。

かぶとむし
                          カブト   (←ツッコミ受けた)          
 ( ひきこもり作品 ) ゆく夏を惜しんでクワガタムシ
                       



にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供あり主婦へ
 


にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop

類は友を呼んでいた

中学時代はずっとおうちですごしていたPieも、
この春、めでたく高校入学を迎えることとなりました。

けれどそれは、ひきこもりから外に出るモードに
切り替えなければならないということなのです。


通う高校は通信制で週1回登校ですが、
集団生活というものを送るのは
実は、幼稚園の時以来なのです。
 
     

いきなり学校生活に放り込んだら
体がついていかなくて
動けなくなるかもしれません。
人間に馴れるためのリハビリ
したほうがいいのではないだろうか。




3ヶ月ほど前、Pieの幼稚園時代の友達のお母さんから、

「元気? ところで今、うちの子不登校。」
と言った感じの連絡があって、

「あー、うちもだよー。久しぶりに会いたいね。」
というメールなどを交わしていたので、一計を案じ、
ちょうど良い機会とばかりに
春休みに我家にお呼びしました。

幼稚園時代に、親子で家を行き来して遊んでいた親子3組、
ランチタイムに来て貰いました。

小学校はバラバラなので実に7年ぶり。
全くかみ合わない関係になっていたらどうしよう・・・
という心配も会ったのですが、

積もる話をしてみれば、
4人のうち3人は中学で不登校になっていたし、

受験もみんな、
「私立のバカ高だけど、行くとこ決まっただけで充分よ~。」
という、我家と全く同じお気楽負け組みスタンスだったので、
7年間会っていたにもかかわらず、
通じるものが一杯の中学生活をしていたようです。



幼稚園の時、なんとなく群れていたわけではなく
ちゃんと自分に合う友達を選んでいたのですね。

その野生のカン、寧ろすごいわ。


最初、ランチタイムは緊張気味で、
下向いてもくもくと食べるだけだったのですが、
他の子達が
「昔から無口だったし、全然気にならないけど」
という態度でいてくれたので
ちょっとずつ緊張がほぐれ、
夕方にはみんなでDSや人生ゲームなどで盛り上がっていました。



久しぶりに他人の中で口を開く娘を見て、
4月からの生活に希望がわいてきましたよ。


われながら グッジョブ!なランチパーティーでした。 

コラボ3波紋
 ↑(オマケ)  まほろばフレンドのお姉さんとPieとの コラボ作品2





にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ

・・・・・にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

PageTop

クリスマスツリー

クリスマスツリー を 出しました。  

Xmastree.jpg

  年賀状とか  
  お雛様とか
  ツリーとか

季節のものはうっかりしてると通り過ぎていくので
ひとまずミッション終了で
   ほっ    としています。
  
  ( こらこら  もっと季節を楽しめ )

ところで我が家のツリー、
オーナメントのほとんどは
過去にPieが作った作品です。


作品がとにかく小さいので
フェルトの人形にひもをつけたりすれば
ツリーにピッタリの小物になるのですよ。


小学校のときに作った
縫い目ぼこぼこの不器用な作品なども
味があってかわいいのです。

しかしまだちょっと地味かしら。

最近は百均でもそれなりのものがあるので
少し買い足してこようかな。

綿になる雪や・・・・
てっぺんの☆星など  


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


PageTop

フリースペースまほろばさん

地元中にちょっとだけ行くようになってから、
市の支援の情報が入ってくるようになりました。

そしてある中学生用のフリースペースに
アクセスすることができました。


そこに行けば出席日数としてカウントされるし、
うまくいけば、同年代の子と交流ができるかもしれません。


4年前に通っていた横浜市のハートフルスペースは、
居心地のいいスペースとそれなりのスタッフが確保されていたので、
そのレベルを当然と思っていたのですが・・。

入ってすぐ、
      このまちはイナカ・・・・疑惑? 
      が降ってわきました。

大都市では不登校児の数も半端じゃないので、
需要も多くて予算も取れるのでしょうが、
ここは お金足りない感が満ち満ちており、
仕訳されてるのだねと一目でわかってしまいました。


・・・・とにかく狭い

・・・・入り口も裏口で雰囲気が暗い。

・・・・教室が一つしかなく、辛くなったときに逃げる場所がない。

入所の相談をするとき

「基本的には個別支援クラスでなく
 普通級で不登校になった子を受け入れるようにしています。」

などと、偉いさんがのたまいます。

スタッフが少なくて知的障害や自閉症だと
対応する体制がないようです。

どっちかってっと、やる気がないのかな?


Pieは知的障害はないけど閉じ方が半端ないので、
このお役所的な意識レベルだと手に余るかもしれません。

カリキュラムも決まっているので、
勉強と違うことをして時間をつぶすのは迷惑になりそうでした。

楽しそうに授業を受けている子もいるけれど、
合っているとは思えなかったので、
まほろば入所は見送りました。


タダなのでフリースクールのレベルを期待するのは無理かな。

学校に時々行くだけで今はいいや。

先生もそうですねえと納得してくれました。



けれどもこのまほろばさんから後日、とてもお世話になる
すばらしい制度 
を紹介してもらったのでした。

その話はまた次回に。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

PageTop

地元でつながる

前回 ( 地元中からのアプローチ ) の続きから。

中学でもらったエコクラフトは楽しい作業だったようなので、
本と材料を手芸屋さんで購入し、
新たにかごを編んだりもしました。

Pieは並外れて器用なので
簡単そうにすいすいと編んでいきます。
私も一緒にやってみましたが、でもこれがむずかしかった。

実用かご
              (明らかに私のほうがへたくそ)


1ヵ月後、作品を持って私だけ中学をたずねました。

先生は作品に感動してくれて

「じゃ、こんなのやってみませんか?」

と今度は紐を編む道具と材料を貸してくれました。

組みひもディスク


好きそうな物が沢山あるので、
「今度は本人に選んでもらえたらいいですね。」
と言う話をして
今度は本人も一緒に登校してみるという目標を立てました。


その後の事はまた少しずつ
語っていこうと思います。


   

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ




にほんブログ村

ビギナーのための…エコクラフト手芸入門―既刊掲載人気作品集 (レディブティックシリーズ―クラフト (2267))

新品価格
¥900から
(2011/8/26 12:09時点)








PageTop

地元中からのアプローチ

前回 ( 2年目の選択 ) の続きから。

フリースクールK学園は、
学校の認定を受けていないので
学籍は地元の中学校にありました。

中学校の先生の話は、
フリースクールの出席日数を教育委員会に報告するので教えて欲しい
というものでした。

近況報告がてら、私一人で出向きました。

特別支援クラス教室の中には、
Pieが興味を持ちそうな手芸の道具などが転がってます。


エコクラフトで作るコースターを見つけて
「これ、好きかもしれません。」

と言った私に対し、

「持ってかえってやってみますか?」と
道具と材料を貸し出してくれました。

毎日行くところも無く
暇をもてあましているため
即座に食いつき
あっという間に仕上げてしまいました。

クラフト


「何かできたなら今度持っていきます。」
と約束をしてかえってきたので、
ほっとしました。
親の私が達成感。


学校との連携ができるかもしれない。
ちょっと希望が湧いてきました。


   もうちょっと続く =>


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
エコクラフト30 【...

エコクラフト30 【...
価格:1,470円(税込、送料別)






 ( ↑ これ、おすすめ)

PageTop

リセット効果

新しい家では、子ども達3人とも
自分の部屋ができました。


Pieは、学校の机の中も、家での自分の物も
ぐちゃぐちゃな子だったので、
生理整頓から教えなくてはならないかなと思っていたら、

驚いた事に自分の部屋をきちんと整理して、
持ち物も散らかさず、
美しく収納をしています。




omake76001



前の家がぐちゃぐちゃだったのは
どこに何おいていいのかわかんなかった
からだそうです。




自分の選んだ、カーテン、壁紙、ベッド、机、椅子のある、
お気に入りの部屋に
それぞれのモノに相応しい置き場所を、
きちんと決めて配置していました。

それを他の人に動かされる事がないので、
いつもきれいにできています。



置き場所をころころと変える私が
邪魔をしていたということなのね~。


   (゜▽゜||||) ・・・・・長いことゴメンよ



家を替えることによる、
絶大な療育効果 
   


この春休み、いい感じに緩んできてるようで、
地元の中学校に転校手続きをしに行った時、
先生の前なのに、
「多分」  とか  「うん、いい」とか
片言とはいえ言葉をしゃべっていました。

弟と一緒だったのでリラックスしていたせいもありますが、
自分がかん黙だったという事を
一時忘れていたみたいです。

4月からは、地元の中学校に籍を置かせてもらって
フリースクールに行く事が決まっています。

最初は自信がないから、
月水金の週3日から始めることにしました。


本人がその学校を楽しみにしているので、
今までとは違った気持ちで明るく送り出せそう。
ちょっと遠いのでしばらくは付添いですけどね。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ 
でも学費は1週間分、もったいないのでフルで行ってえ 





PageTop

まるで普通の孫

少し前のことですが、
お正月は私の実家で3日間過ごし、
冬休み明けの連休も、夫の実家に日帰りをしました。   

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子ども達はお年玉をもらえるので、 
お正月のお出かけは大イベントです。


どちらの家でもPieはすこぶる元気で、
全く緊張せずに騒々しいくらいに明るく過ごしていました。



私の両親も妹も、Pieに会うのは1年ぶりですが、
その普通っぷりに驚いてました。  

    (@◇@)  ・アララ

  「話しかけたら返事した。」

  「お年玉あげたら、ありがとう言うた。」

  「テレビみて大笑いしよる。」



1年前は、大人と目を合わせたり、言葉を交わしたりする事が
ほとんどできなかったのです。  


でも今年は、

  「お雑煮、食べる?」   ときかれて
  「いらん」          と答えられるようになってます。

感じは良くないけど、たいした進歩。
去年までは、そんなことすら私がインターフェースとなって、
他の大人に伝えていましたから。



「Pieちゃんはおしゃべりできないから困ったもんね。」

と10年間近く言われていましたが、
成長とともに周りを理解できるようになり、

「言葉を使って表現する」
と言う能力も自然に伸びてきたのでしょう。

普通の12歳の能力には満たなくても、
ちゃんと成長はしています。


何よりも、
学校で安心して過ごす事ができたこの1年が
何年も続いていた心の緊張を
解いてくれたのだと思います。



今はまだ一人で電車に乗ったり、
電話かけたりは無理ですが、
本人にとってそれが必要になったなら
大抵の事は時が解決してくれることでしょう。



周りを好きになって楽しく過ごせれば、世界は広がり、
できることもまた増えていくのですね。



omake53001




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ あとは朝、起きられるようになってくれないかな



a_04[1] 

 

PageTop

ホルモンのいたずら?

夏休みが終ったころ
Pieがひたすら寝てばかり・・・・・・
と、ぼやいていた時期がありました。

( その話はこちら→ おぬしヤマンバか)

秋も深まり、ハロウィンも過ぎ去ったこの季節になっても、
まだぐうぐう寝てばかりの日々です。

やる気も無く、集団生活へ適応力も、
かつてなく下がっております。  


 ああ、もうどうすりゃいいのさ。

 でも悩んだところで、
 どうしようもないのです。 <(TへT)>  




けれど、心療内科の先生に診てもらった時、

「自閉症の女の子は、
 生理が始まる前に、こんな風になる事が多いんだよ。」

と言われました。

ホルモンのバランスが崩れるので
更年期障害と似たような症状になるそうです。

初潮が始まれば、
たいていはケロッと直るとの事。 



ねむりねこ


そういえば生理前とか最中って、眠いなあ。
妊娠中の眠さったらハンパじゃなかったなあ。

ホルモンのせいなら仕方ない。

体調を人並みにコントロールできないから
冬眠中のような脱力に
見舞われているようです。



他の思春期の少女が、
荒れたり、イライラしたりするのと
あんまり根っこは変わらないのかもしれません。


物静かで動物に近いタイプなので
ひたすら寝るという方法で、
身体にかかった負荷(つまりはストレス)を
解消している

 ・・・・ということにしておきましょう。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ 眠りから覚めるその日まで待つのだ。 



a_04[1] しかし何故か休みの日は起きる。(むか)

 

↑ぽちっとよろしく ↑



PageTop

Pieの選択

夏休みに見学したフリースクールのK学園は、
多様な子を受け入れていた。
暖かい空気があって、懐が深いようには思うが、
そのため、ある程度の雑然とした感じは否めない。          

ルールが明確な、理論の療育のS中学校か。
自由な雰囲気の、こころの療育のK学園か。

小学校低学年か幼稚園なら、迷わず心の方を選んだだろうが、
しかし次は中学生だから、
わかりやすいシステムの中できちんと勉強もさせたいと思う。

p4-64001

フリースクールには、それなりの不便さもある。
S中学は、私立校として認定を受けているので学割も使えるが、
K学園では学生証も発行されない。

S中学は高校3年まであって、
グループには大学もあり、
進学の道も開かれているが、 

K学園では

高校は2年までで、高校卒業するためには、単位制高校などへ編入が必要。 
 コレ私の情報が間違っていました。
   ( 実際は、中等部3年、高等部3年、あります。 
     けれど高卒の資格はここでは取れないので、
     取るためには、通信制高校や大検のシステムを利用します。
     そのためのフォローはきちんとされているようです。 )




この性格で中卒では、人生厳しいと思うよ。    (`0´;)A   

家族には愛されているので、
充分心は育っていると思うし、
外で伸ばしてもらうなら、社会的スキルの方がいい。

親の中では、将来を考えると
S中学のほうがよさそうだという結論になっていた。




何日かしてPieにきいてみた。

 母 「中学校行くならどっちがいい?」
 P 「K学園の方が授業が面白い。
    S中学の方は レベル低い けど、やってること普通の授業と同じだもん。」 
                 
   《 A(;@×@) すいません。わかりやすいという意味のようです。》

 



 ・・・・なんと、本人は
  フリースクールK学園のほうが気に入っていた。

 母 「 だったら通えそう?  はだめ?」
 P  「 ならいけると思う。 はわからない。」



しかしこの間は、私と弟と一緒にお祭りに参加したので、
楽しかったのは当然なのだ。

S中学校の体験入学は、母と離れての試練だったから、
比べてみたらマイナスイメージに決まっている。

でもPieの将来は、出来ればアート方面か、ものづくり方面にいかせたい。
だとすれば、K学園のほうが
芸術的なセンスは伸ばしてもらえるかもしれない。
いや、そんな漠然とした物より、
S中学校の方が、社会性を育てられそう。

大人の良識 と 子供の直感
どちらを信じて進めばいいのだ?   <(@a@)>・・・・オロオロ

今後は、K学園の学校説明会、
S学園の文化祭も見学コースに加えて、
半年後の進路を考えることにします。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ  地元公立も忘れるな 



a_04[1] (F2自閉症ランキング)

 

↑ぽちっとよろしく ↑



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。